1位 鳥取県立中央病院

鳥取県立中央病院が人気になっている理由の一つは、教育制度が整っていることです。クリニカルラダーを使って教育を行っており、働くうちに看護師として知識と技術を身につけることができます。

また、院内保育書や育児短時間勤務制度があることから、子育て中の看護師でも働きやすくなっています。平成30年に新病院が建設されることになっておりますので、施設の充実も期待できます。

○基本情報
病院の所在地は、鳥取市江津730です。月給は4大卒の看護師で20万円から、短大卒の看護師で19万からです。賞与は年2回、通勤手当、住居手当、扶養手当、特殊勤務手当など、手当は充実しています。定期昇給は年に1回です。

2位 鳥取大学医学部附属病院

鳥取大学医学部附属病院は最新の医療を行っていますし、研修制度も整っています。看護師としてスキルアップを目指している場合は、新人教育だけでなく研修も整っているところが魅力です。

認定看護師を目指している看護師へのサポート体制も整っていますし、学会や研修会に参加も可能です。子育て中の看護師は24時間の保育所が作られていますので、安心して働くことができます。育児休暇取得率も100%ですので、働きやすい環境が整っています。

○基本情報
病院の所在地は、米子市西町36-1です。月給は短大卒で18万円から、大学卒で20万円からです。賞与は年に2回支給されます。3交代制、または2交代制で休日は4週8休制となっています。住居手当、通勤手当、扶養手当などが整っています。

3位 博愛病院

博愛病院は看護師に対する支援制度が整っています。託児所が完備されていることから、子育て中の看護師でも働きやすいです。

また、プリセプター制度が整えられていて、新人看護師だけでなく中途入社の看護師でも制度を利用することができますので、ブランクがある看護師でも働きやすいです。その他、多くの研修に参加することが可能なことから、看護師としてスキルアップすることも可能です。

○基本情報
病院の所在地は、米子市両三柳1880です。給料は正看護師で20万円から、准看護師で18万円からです。賞与は年に2回支給され、昇給は年に1回です。託児所も完備されています。2交代制と3交代制があり、好きな方を選ぶことができます。

4位 鳥取生協病院

鳥取生協病院の魅力は、職員同士のコミュニケーションが良くとれているところです。病院内ではサークル活動があり、看護師も参加しています。

準夜勤、または深夜勤務の場合はタクシー代の補助も出してもらえますので、マイカーを持っていない看護師でも働きやすいです。看護師の教育体制もプログラムが作られていますので安心して働けます。歴史の長い病院ですが、病院は平成8年に新築されています。

○基本情報
病院の所在地は、鳥取市末広温泉町458です。給与は21万円から、夜勤手当は月に7回分で45000円です。賞与は年に3回あります。通勤費は全額支給されます。4週7休で社会保険は完備されており、職員共済制度があります。

5位 鳥取県立厚生病院

鳥取県立厚生病院は、クリニカルラダーシステムを導入して看護師の教育に力を入れています。看護師を1から4のレベルに分けて、教育や研修を行っています。

また、育児支援も行っており、院内の保育所は小学校就学までの子供を預かっています。育児短時間勤務制度、または部分休業なども扱っていますので、子育て中の看護師が働きやすいです。

○基本情報
病院所在地は倉吉市東昭和町150です。地域がん診療連携拠点病院の指定を受けている鳥取県の中核病院です。看護師の月給は19万円からとなっています。勤務は3交代制です。通勤手当、住居手当、扶養手当、勤勉手当など、手当は充実しています。週休2日となっています。