未経験可の看護師求人の条件に該当する仕事例

医療や福祉の現場において看護師の人材不足が深刻な問題となり、かなりの時間が経過しています。更に離職率も高い看護師という職業では、なかなかスタッフが定着しないという問題が解消されていません。

即戦力となる経験者を求めているだけでは事足りなくなり、ある程度の専門性が要求される診療科などでも未経験の人材を育成するような方向へとシフトしてきているのです。

例えば、近年ニーズが高まってきている透析の現場では、院内研修の制度を充実させるとともに未経験のスタッフにも比較的心配の少ない看護業務からスタートさせ、自信をつけさせるなどのアプローチで人材の育成にあたっています。

また、やはり新たな医療機関や福祉施設などがオープンするにあたっては、広く新規スタッフを募集するために未経験者に対しても門戸を広げています。このような場合で実際のオープン日まで余裕があるようなケースですと、あらかじめ系列病院などで研修の意味も含めて勤務する例もあり、実務に向けての不安を和らげることもできます。

その他、看護師として一定のキャリアを積んでから未経験の分野で仕事をしたいと希望する人には、訪問看護ステーションなどで未経験可の看護師求人が多く出されるようになっています。高齢化が進み訪問看護へのニーズも急速に増している中、訪問看護ステーションでもスタッフを充足させることが急務となっているのです。

ただ基本的に実務は単独で行わなければならないため、看護師であれば誰でも良いというわけでもありません。

しかし、それまでの職場においてある程度のキャリアを重ねていながら訪問看護の分野で経験がないという看護師は、信頼度も高く大いに望まれている人材であることには間違いありません。

未経験可の看護師求人を探すときのポイント

どうしても看護師として未経験の分野に挑戦してみたいとなると、大きな不安も伴います。未経験可の看護師求人については件数も多いのですが、それだけに膨大な数の求人から候補先を絞り込むことに難しさもあります。

そこでポイントになることのひとつが、教育制度に関する情報です。

教育制度の確認

入職前から研修が用意されている職場もありますし、プリセプター制度などによって実務の中で必要なことを学んでいく環境もあります。そういった教育に対する個々人の向き・不向きというものもあり、実務がスタートする前にある程度の必要とされる知識が頭に入っていなければ不安を拭うことができないという人もいます。

あらかじめ教育制度に関する説明を聞いて、それが自分に合うものであるかどうかを吟味することも大切です。

それとともに、職場環境として人材を育成する雰囲気や余裕を感じ取ることができるかどうかも重要な要素です。いくら制度として立派な教育制度が整備されているとしても、それが十分に活用されていなければ意味がないのです。

病院見学で実務内容を確認

人手が十分でないことによって、先輩たちにしっかり後輩を育てるだけのゆとりがないというような職場も実際にあります。こういったところは職場見学などで実務を確認する機会を利用して、自分の肌で感じ取りたいところです。

求人票に記載されている情報からだけでは完全に判断することのできない部分でもありますから、このあたりは自分の感性が要求されるところでもあります。

あとは、これまで重ねてきた自分のキャリアに自信を持つことが重要です。新たに飛び込む分野であっても、大概の場合に看護師として求められる基礎的なスキルの違いはありません。こなしてきた仕事の中で、状況判断や臨機応変な対応への感性も磨かれてきているものです。そういった経験は、あらたな職場でも無意識のうちに発揮されるものでもあるのです。