第二新卒として転職を決意した看護師さんに選ばれている転職先をランキング形式で紹介しています。

第1位:総合病院

転職先としてもっとも多く、対象とされている求人募集もたくさん見られています。常勤で働くことが難しい場合、日勤専従や夜勤専従で働きたいといった場合にも多様な勤務形態が提示されています。

特に新卒者で大学病院へ最初にスタッフとして配属された場合に、違った環境を求める人が少なくありません。そこで類似した環境であると予想される大学病院を転職先の候補から除外し、できるだけ需要が高い勤務先ということを考えると総合病院が選ばれているのです。

総合病院も大学病院も、同じように看護師の人材を必要としています。ただ総合病院では、より即戦力となる人材を求めていて、そういうところから新人教育にかかる労力や費用を省いてすぐ活躍することのできる第二新卒看護師へ向けた求人がほぼ随時出されています。

第2位:個人病院

良きにつれ悪しきにつれ、採用活動にあたっては経営者の方針が反映されています。第二新卒看護師については、ニーズの高い病院とそうでない病院とで大きな差があります。

特に開院したばかりの病院や、人件費を抑制したい病院などでニーズが高くなっています。大学病院や総合病院に比較すると規模が小さいことから、人間関係は複雑化しにくいという魅力もあります。

また、開院して間もない病院は新人教育にも力を入れる余裕がないため、新卒者を育成することも難しいところがあります。資金的に厳しい病院も同様に既卒者を多く受け入れていて、第二新卒者はキャリア的にひとつの職場で染まりきっているということもないところから歓迎されています。

第3位:診療所・クリニック

個人病院よりもさらに規模が小さく、仕事の面でも比較的負担が少ないことから門戸は広く開かれています。ただ総合病院と比較すると、求人の数については多くありません。

第二新卒者が転職を考える理由として人間関係にともなうことはもっとも大きなものになっていて先輩や管理職のスタッフ、さらには医師のほか患者さんなどといった多くの人とかかわっていかなければなりません。

時には業務に支障をきたしかねないトラブルも少なからずありますから、人間関係が複雑になりにくい職場として適しています。

また、大きな病院のように充実した教育体制が整えられているわけではないですが、長期にわたって勤続していて医師から厚い信頼を得ているベテランスタッフも多い傾向があり、ゆっくりと行き届いた指導を受けることも可能です。

第4位:公立病院

自治体が運営しているということもあり、基本的に決まったスケジュールで年次採用活動が行われています。募集対象は、必ずしも新卒者に限られていません。

公務員待遇で働くことができる点は、大きな魅力になっています。やはり給料面では安定していますし休日や手当なども考え併せ、人気の高い転職先です。

年次採用については、都道府県などの自治体で一括して担当している場合が多くなっています。それ以外では、必要に応じて非常勤職員などを募集しています。

第5位:急性期病院

求人には、常に事欠きません。人材確保のために日勤専従、夜勤専従といった勤務体系で募集を出しているケースもあります。

救急指定されていることで、救命救急をはじめとしてまさに生命の最前線で働くことになるため大きなやりがいが感じられます。入職すればすぐにフル回転が求められるほどで、まさに業務に邁進し人間関係は気にする間もないほどといった声もあります。

とにかく常に多忙な状況の中で、既卒者は熱望されています。急性期病院での経験は今後の選択肢を広げることにもなり、大抵の病院において歓迎される実績となります。