私が看護師免許を取得したのはもうかれこれ25年程前です。高校を卒業して県立の看護学校へ入学しました。時代は女子大生ブーム全盛期。マスコミで華やかな女子大生がもてはやされている頃、私はひたすら勉強と実習に明け暮れておりました。

その甲斐あって無事看護師免許を取得しました。最初の勤務先は学生時代何度も実習でお世話になった県立病院。そこの循環器内科の救急病棟に配属されました。そこは病院の中でも最も忙しく出来ればそこじゃないと良いなぁ、と新卒がみんな思っていた病棟でした。

実習中も重症患者さんが急変したり救急指定日には救急車で来院した患者さんの受け入れを一手に請け負っていたのでその忙しさは分かっていたつもりでしたがやはり実習で行くのと実際にそこで勤務するのとでは大違いでした。

病棟にいた2年間は本当にあっという間に過ぎていきました。しかし、新卒で救急病棟に配属されたことによっていろいろな看護技術を磨くことが出来たし患者さんの急変にも慌てず対処できるようになりました。

その後結婚出産し、育児休暇を所得したのち院内託児所を利用しながら呼吸器内科、結核病棟に勤務しました。引っ越しを機に退職し、第二子が小学生になった時に看護師として復職しました。

しかし、医療の進歩が目覚ましくブランクのあった自分は病棟での勤務に自信がなく、また子育てとの両立のためパートでの個人病院勤務を選択しました。

外来勤務は初めてでしたので病棟でやったことのないことが多くて最初は戸惑うことばかりでしたが、個人病院特有のアットホームな雰囲気も楽しく家庭と両立しながらパート勤めをしていました。

子供が成長してくると働くことのできる時間も変わってきて、外来勤務よりもう少し時間が長く働けるデイケアセンター勤務に変わりました。

介護施設での看護業務は今まで勤務していた病棟や外来とは大きく違いましたが、利用者さんの看護をするうえで今迄の病棟と外来の経験がとても役に立っていることを実感しています。

45歳を過ぎた今は高齢の利用者さんたちと楽しくデイでの時間を過ごしながら健康管理をしています。