東京での学生生活を終え、私が選んだ就職先は地元長野の総合病院でした。

民間病院ながら3次救急受け入れやヘリポートも完備しており、漠然と急性期看護に憧れていた自分にピッタリだったからです。実家や祖父母の家が近いことも魅力でした。

当時は全員ピンピンしていたものの、そろそろ誰か倒れてもいいんじゃないか?

そうなったら私(看護師!)の腕の見せ所ではないか!と、新人らしいやや前のめりのヤル気に満ちた初めての職場でした。

就職してみると、その病院のアクティブさ、とりわけ院長、事務局長のモチベーションの高さと情熱に牽引された病院全体の活気に驚かされました。

絶対に断らない救急外来、全国でも先駆け最先端の医療の提供を始め、院長らに感化された院内スタッフはみな礼儀正しく、病院全体が一丸となって一つの方向を目指している力強さを感じました。

そんな初めての職場では、看護師としての仕事はもちろん、いろんな刺激をたくさん受け、日々成長の毎日でした。

「この病院にしてよかった!」心からそう思い、スタッフであることに誇りを感じていました。

しかし、ある時気付いたのです。

「あれ?お金、足りない?」

もともと多いとは言えない給料でしたが、夜勤の少ない一般病棟に異動になってから、なんと20万を切るようになってしまったのです。家族の看病どころか、相変わらずピンピンした祖父母の元に食事をもらいに行く日々。

「病院にいかに勢いがあっても、これじゃぁイカンのではないか。看護云々の前に、私の生活がままならないではないか!」

当然のことながら病院の職員は減りはじめ、有休はおろか規定の休みももらえないほど多忙になりました。

相変わらずの規模拡大を続ける病院と、いっこうに元気の出ない自分の給与明細。

その二つを見比べると、研修毎に聞く院長の「理想の病院をみんなで作ろう!」にも心動かされなくなりました。

院長の理念も周りの先輩方も大好きでしたが、結局は「理想の病院より、自分の人生だ!」

そう思い、折しも急性期医療への興味がより増していたこともあり、東京の救急指定病院への転職を決意しました。