私は、総合病院付属の看護学校を卒業後、エスカレーター式にそのまま入職しました。

1、2年目は、内科、皮膚科、形成外科の混合病棟へ配属となり、様々な領域の看護を学ぶことができました。

しかし、とにかく忙しい病棟でナースコールは常に鳴りっぱなし、まだ新人だった私は業務をこなすことに必死で、毎日24時間仕事をしているかのような気分でした。

2年目の終わりに、ずいぶんと病棟業務も慣れて受け持ち患者さんとも落ち着いてコミュニケーションがとれるようになった頃、異動命令があり、3年目からは胸部外科に配属となりました。

そこは、今までとは別世界でした。

というのも、私は外科の経験がほとんどなかったので、一から業務を覚え、病態生理や周手術期看護の復習をし直し、勉強会に積極的に参加するなどしてとにかく専門的に集中して勉強、仕事をした時期でした。

心、呼吸器疾患の患者さんが中心でしたので、急変も多く「生と死」というものを深く見つめるきっかけとなりました。

ちょうど4年目に入ったとき、癌の治療で入退院を繰り返していた患者さんが、きっと今回の入院でもうダメかもしれないという末期の状態で再入院となりました。

がん性疼痛のコントロールが難しく、主治医、薬剤師や師長も交えて毎度毎度カンファレンスを行い、少しでも痛みが緩和し、もうこれ以上苦しんで欲しくないという思いでいっぱいでした。

しかし、なかなか良好なコントロールが出来なかったので足浴やマッサージをしたりとケアに集中していました。

このケースをきっかけに、緩和ケアに興味を持ちはじめました。

当時、私の勤めていた病院では、まだ緩和ケアというのはほとんど重要視されていませんでした。

なので、もっと学びを深めたい、緩和病棟ではどんな看護を必要とし、されるのかを知りたくてしょうがない気持ちが強くありました。

先輩や同僚に相談すると、賛否両論でしたが最終的には自分がやりたいことをやることが一番だ!と吹っ切れて、思いきって緩和ケア病棟のある病院へ転職しました。

転職にあたっては、前病院でかなり引き止めにあい、なかなか辞めさせてもらえなかったです。

しかし、私の熱意に負けて(?)上司も折れてくれました。

やはり「もっと学びたい」という気持ちが、私の転職までの道のりを乗り越えれた原動力だったと思います。