バブルが今にもはじけようとする平成3年、21才。都内の某医科大学病院付属の看護専門学校を卒業、無事国家試験に合格し同病院に就職しました。

当初、保健師の資格を取得したいと考え専門学校を受験しましたが合格に至らず、就職の形をとりました。配属された病棟は、内科。

元々、地域の訪問看護師や保健師になりたかったので、その分野で必要になるであろう分野の患者さんがいる病棟の勤務を希望し、それが叶っての就職でした。

大学病院は、第三次救急医療機関で検査体制も整っており、クリニックレベルでは治療の難しい患者さんが入院されるところなので、ここで3年間看護師としての基礎固めをし、4年後は地域の看護師として働きたいと考えていました。

実際に私の勤めた大学病院は、結婚その他の理由で退職・転職する看護師は多く、病棟勤務看護師は20代がほぼ半数以上を占めていました。

実際に勤務を始めていくと、自分の経験の浅さ(看護師として・人間として)から、様々な失敗や学びがあり、今振り返ればいろんな意味で、とても充実した3年間でした。

いろんな意味といいますのは、自分が学生時代に想像していた看護師の仕事とは違い、社会人としての厳しさや矛盾・職場での人間関係など、様々な経験があったからです。

どの仕事でも同じだと思いますが、自分の進みたい仕事の方向とは全く違ったものを担当することになったり、上司からは厳しい指導を受けたり、8割は我慢・忍耐の日々。

よく、同期5人で仕事帰りに愚痴を言い合ったものでした。

残りの2割は、難病や生死に係わる疾患を抱えた患者さんとのふれあいの中で人生勉強させて頂き、とてもありがたい仕事経験をさせて頂いた感謝の日々でした。

仕事を始めて1年経った頃、同期の1人が九州の地元へ戻りたいと退職しました。

2年経った頃、もう一人は医師との結婚が決まり退職しました。

そして私は、当初の希望であった3年で転職希望でしたので、2年過ぎた初めのころ、看護師長に1年後の退職希望を告げました。

そしてその数ヵ月後、想定外のことを看護師長から告げられ、大きな葛藤・悩みを抱えることになったのです。