ナースバンクはそれぞれの都道府県において看護協会が手がけているナースセンターの事業で、まさに看護と関わる人たちへ向けてのものです。

実際に職場を探している人、また看護師を必要としている医療機関などの双方に対して職業紹介や情報提供などが行われています。

ナースバンクで見つかる看護師求人

どんな看護師求人がある?

まずはナースバンクに登録している医療機関や福祉施設であることが前提であり、その中で看護師の採用を考えている募集元による求人が取り扱われています。

その中には民間の看護師求人サイトで見られないような募集もあり、広い選択肢から職場を見つけたいという人にとって利用価値も高いはずです。

看護師求人を見つける機会

就職相談イベントや個別相談などについても、随時対応が行われています。その他、現場を離れていて再就職することに不安があるといった人へ向けては、臨床研修を実施している医療機関の紹介などもしています。

eナースセンター

看護師無料職業紹介サイトであり、時間の面や地理的にナースセンターを直接訪れることが難しい人へ対しての情報提供が行われています。

全国のナースバンクで登録されている求人情報がすべて網羅されていますから、ほかの都道府県で就職しようと考えている人にも役立ちます。

ナースバンクの使い方流れ

利用登録をする

  • 料金は無料
  • 手続きは、無料で行うことができます。ナースセンターかインターネット上のeナースセンターから手続きすることができ、ナースセンターはそれぞれの都道府県に必ず1ヶ所が設置されています。

  • eナースセンターの利用条件
  • 看護師免許を持っていて看護職の仕事を探している人と、看護学校などを卒業予定となっている看護学生でなければ利用することはできません。利用登録自体はしていなくても情報を閲覧することはできるのですが、さらに詳しい情報を確認したりナースセンターから施設の紹介を受けるなどするためには登録しなければなりません。

  • 実際の登録方法
  • IDとパスワードについて申請し、登録します。そして、名前や住所などといった基本情報のほか持っている資格、自己PRなどの項目からなる求職票を登録するだけです。

求人情報を探す

ナースセンターやeナースセンターを利用して、公開されている情報について吟味します。その中から興味のあるものがあれば、ナースセンターへ紹介依頼をします。

採用選考へ

紹介が成立すると、紹介状の発行を受けます。それから募集元において、面接へ臨みます。

結果を受けて

面接の結果については募集元からナースセンターへ通知され、ナースセンターで結果の登録が行われます。1件以上で採用という結果になり、ほかに紹介されている案件がなければ求職票は自動的に抹消されますから、求職活動をさらに継続したいという場合には新たに求職票を作成しなければなりません。

ナースバンクを使うときの注意点

サービス内容に注意する

システムとしてはさまざまな看護師求人サイトなどと同様、利用登録をすることによって求人検索や求人紹介を利用することができます。ただ、看護師求人サイトなどでは求職活動にあたってのサポート体制も充実しているのですが、そこまでを期待することはできません。

看護師求人サイトとの違い

看護師求人サイトにおいては、それぞれの求職者に専任のコンサルタントがついて条件と合致する職場の紹介に始まり、面接のスケジューリングや付き添い、給料面に関する交渉などすべて任せることのできる場合が多いです。

それに対し、あくまで求職者は主体的に求職活動をしなければならず、給料や待遇などに関する交渉も自分で行わなければなりません。

働きながらの求職活動

勤務しながら新たな職場を見つけたいという場合には、時間の面でかなりの制約があります。そういった面で、スムーズに求職活動を進めることが難しい可能性もあるでしょう。