20代 女性

私は病棟で勤務していましたが、その職場はシフトも仕事もハードで体調を崩してしまい、治療には時間がかかると診断されたため退職することにしました。

その時は「20代でまだ働けるし、また病院で再就職したい」と考えていましたが、仕事から離れてみると「健康第一で健康で元気に働きたい」と思うようになりました。

転職先を探す際に私が重要としたのは、看護師として仕事ができることはもちろん、身体的・精神的な負担が少ないこと、無理なシフトで生活リズムを崩さないことです。

病院ではこの希望を叶えるのは難しいですが、コールセンターでは可能です。現在の職場では、日勤・夜勤の希望を出すことができ夜勤に入るペースを自分で調整することができるので、とても働きやすいです。職場の人からも同じような声を聞くことが多く、私のように自分のペースで働きたい人に向いている職場だと感じています。


30代 女性

私は、出産を機に前の仕事を退職しました。家事・育児だけでも大変でしたが、看護師として働きたいという気持ちが強かったので、子育てをしながらでも働けるような職場を探していたところ、コールセンターでの仕事を見つけました。

最初はそれほど興味がありませんでしたが、仕事内容だけでなく勤務条件も非常に魅力的だったので応募を決めました。

私の勤務する職場には私と同じように子育てをしながら働くママさんナースや医師・薬剤師が多く、「子供が保育園にいる時間のみ」という勤務も可能です。自分の都合に合わせてシフトを組んでもらえるのはこの仕事の魅力で、他のナースからも「助かる」という声を聞きます。

また、看護師としての知識やスキルを活かすこともできやりがいを感じられる仕事なので、充実した生活を送ることができています。


40代 女性

私が転職を考えるきっかけとなったのは、子供が小学校に入学したことです。これまでは病棟に勤務していて、子供の生活リズムと自分の生活リズムが合わないことにとてもストレスを感じていました。しかし、ナースの仕事は辞めたくなかったので、毎日のように葛藤し悶々としていました。

私が勤務しているコールセンターでは、一般の方からの健康相談を主に受け付けています。電話の内容は幅広く、「治療に納得できない」「この治療で本当に病気が治るか不安」といったものから「自宅で注射を打つ方法を知りたい」「飲んでいる薬の副作用を知りたい」といったものまで、様々な声を聞く機会があります。

研修では細かい部分まで指導を受けるのですぐに仕事に慣れることができ、医師や薬剤師もいて連携を取りながら仕事を進めるので楽しいと感じることもあります。

勤務時間については、子供が学校から帰る時間に帰れるようなシフトを組んでもらっているので、子供の生活リズムに合わせることができています。病院などで勤務していたらこのような条件で勤務することはできていなかったと思うので、子育てと仕事を両立したい人にとっては魅力的な仕事だと感じています。


50代 女性

以前からコールセンターでの仕事があることを知っていましたが、そこで働くことに何となく抵抗を感じていました。と言うのも、病院やクリニックなど人と接して看護を提供することが、看護師の仕事だと思っていたからです。

ですが、前に勤務していた病棟での勤務には体力的な限界を感じていたので、体力的に負担の少ない仕事を探していました。

コールセンターの仕事は病棟とは全く違い、デスクワークが中心です。また、これまで医療現場で培ってきた知識やスキルを活かすことも可能です。この2つのポイントは私にとって大きな魅力で、転職先に選ぶポイントにもなりました。

研修制度が充実しており職場の雰囲気も良く、仕事はすぐに覚えることができました。夜勤のシフトもありますが、時間に余裕のあるシフトを組んでもらえるので、体力的な負担はかなり少ないです。

体力が落ちてきても働くことができ、これまで身に付けたスキルも活かせるのでベテランナースにもおすすめの職場です。