看護師が選択できる仕事のひとつとして、クリニカルスペシャリストがあります。

クリニカルスペシャリストのメリット

勤務体系が働きやすい

クリニカルスペシャリストになると、病院で看護師として勤務することと比較して、労働環境や勤務時間などが全く違ってきます。

  • 深夜に働くことはない
  • 休日出勤は多くない
  • 交代勤務なし
  • お正月やお盆やゴールデンウィークに連休取得可能
  • 土日の週休2日

クリニカルスペシャリストは医療機器メーカーの営業で、平日も休日もないような生活を強いられることはありません。また、会社員と勤務体系がほとんど同じで、看護師に必ずあると言っても良い交代勤務も夜勤もなく、休日も家族で楽しめるようになるということが最大のメリットです。

仕事に慣れやすく、新たなスキルを習得できる

看護師としての勤務経験があれば、比較的早い段階でクリニカルスペシャリストの仕事に慣れることができます。

当然のことながら勤務する企業によって仕事の内容は変わりますが、看護師としての臨床経験があればその経験を活かしながら正しい医療機器の使い方をプレゼンしたり、現場から求められれている情報やサービスが分かったりととてもクリニカルスペシャリストをしていく上では役立ちます。

クリニカルスペシャリスト単独で行動することはなく、営業マンと一緒に病院やセミナーなどに出向いて仕事をしますが、プレゼンテーションの方法・資料作成の工夫など新たなスキルを習得することが出来、コミュニケーション能力に問題がなければとてもやりがいのある仕事です。

クリニカルスペシャリストのデメリット

成果や実績を求められる

クリニカルスペシャリストの場合は、民間企業で働く営業職なので常に成果を求められます。実績を残せないときは給料が下がったり、職場にいられなくなってしまうということも起こり得ますので、こういうところは最大のデメリットです。

畑違いの分野に足を踏み入れるリスクがある

臨床の現場から離れて営業職として企業で働くということは、患者さん達と直接接することは全くなくなり、看護の仕事からも遠のいてしまうため全く違う畑に足を踏み入れる点で少なからずリスクが存在します。

本来、看護師は患者さんのために働いていますが、医療機器メーカーに就職すれば医療機器の販売等に注視することになり看護をすることを目指して看護師になった人にとって覚悟が必要になります。今まで行っていた業務と180度内容が変わることに対応できなければなりません。

語学力が求められる

医療機器メーカーが取り扱う機器は海外製品が多く、看護師のスキルだけではなく英語力が必要になります。更に、人前でプレゼンをする機会も多くなるため、英語力がなくかつ人前で話すことも苦手だという人の場合は、医療機器メーカーで勤務することはかなり難しいところです。

「フィールドナース」とも呼ばれているクリニカルスペシャリストは、まだまだ歴史が浅く、就業環境がそのように変化していくかは分かりません。ビジネススタイルが変われば不安定な仕事になる可能性もありますが、夜勤や休日出勤が少なく、厳しいシフトに悩まされることがないというだけでなく、平均年収も高めといった就業環境のメリットからクリニカルスペシャリストは注目を集めています。