クリニカルスペシャリストの勤め先

看護師からクリニカルスペシャリストになるには、医療や福祉の現場との違いについて理解しておく必要があります。一般的に、医療機器メーカーの勤め口を見つけなければならず、一般企業において一般職員として勤務することになります。

単にオフィスでだけ仕事をするというわけではなく、病院や介護施設などへも出かけ自社商品の説明やメンテナンスにもあたります。商品を紹介するために出張し、デモンストレーションや講習会などを担当することもあります。立ち仕事がほとんどとなる看護現場と異なりデスクワークの比率も高いため、そういった耐性も資質として必要とされるところです。

クリニカルスペシャリストの就職活動

クリニカルスペシャリストになるための就職活動としては、自力で求人募集を探すほか、転職支援サービスやハローワークなどを利用する場合には職種としてクリニカルスペシャリストの希望を出します。企業によって、フィールドナースという呼称が用いられている場合もあります。

勤務先となる会社の規模や労働条件、勤務形態などについて希望があれば条件として提示し、それに見合った内容の仕事を見つけていきます。出張の有無などで勤務条件は大きく違ってきますから、あらかじめしっかり確認しましょう。

やはり機器の使用経験が乏しいと選考に通りにくいケースも少なくないのですが、やる気と情熱は大切で若い世代のスタッフを育成したいという企業もあります。

クリニカルスペシャリストに求められること

自社製品のスペシャリストになる

クリニカルスペシャリストは、医療機器や医療関連商品、製薬メーカーなどの商品について説明し購入へつなげるためのセールスや、販売後のアフターフォローを担当します。そのため、クリニカルスペシャリストになるにはそれぞれの商品についてよく理解し、資料を作成するなどそれを購入へつなげる説明能力やプレゼンテーション能力が必要とされます。

また、商品が売れるように販売方法やセールスポイントを考え、セミナーや研修を開いて売上につなげるための企画や販売戦略を立案するなどする創造力、発想力も必要です。細かなところでは、企画や説明の内容などをまとめるためにパソコンスキルも求められます。

その他、クリニカルスペシャリストを必要としている企業は世界的な規模で活動していることも多く、海外企業と連携している企業や外資系企業も少なくありません。そのため、英語をはじめとした語学力があれば就職する上でもアピールポイントになります。

看護師としての経験

やはり、看護師としての実務経験は重要なものです。看護師の実務ではいろいろな機器を使用しますから、経験から感じた疑問、またより使いやすくなるポイント、理想的な機能などといったように使ったことがなければわからないポイントに気がつくこともできるのです。

クリニカルスペシャリストとしてかかわることで、自分の感じていた点を商品に反映させるような提案をすることなどもできます。そのほか人前で話す機会が少なからずあることに加え、ユーザーの要望をヒアリングして自社に持ち帰る必要もあるためコミュニケーションスキルも欠かすことはできません。

また、仕事中に相対する人は患者さんでなく、医療職の人たちです。看護師としては患者さんのケアをするわけですが、クリニカルスペシャリストとしては医療が提供される前の段階へ関わることになります。患者さんに対して直接何かをすることはなく、医療現場を離れて医療そのものについて学び経験する機会はほぼなくなります。

仕事のやりがいといった面についても、看護師とクリニカルスペシャリストでは異なります。患者さんからお礼を言われることもなく、元気になった患者さんが去って行く様子も見ることはできません。看護師としての達成感という意味では感じられる場面がないものの、自分の関わっている商品が患者さんの役に立ち、病気やケガからの回復に貢献しているというところからやりがいを感じることができます。

そのほか小さなところではナースならではの制服を身につけることがなく、基本的にスーツを着用して働くことになります。