正社員の平均年収

国家資格を持ち、病院内ではなく企業内の医務室や保健室で働いている人たちを産業看護師や産業保健師と呼びますが、近年では病院の中で働くよりも、時間が固定していて待遇にも恵まれた企業人として身分が保障されていることなどで、このような働き方が人気となっています。

重労働であるこの仕事の給料は、相当高めだと思っている方が多いのですが、夜勤や重病から軽傷患者の世話など肉体的や精神的にも色々と辛いことが多いので、毎日苦労して働いた分に見合う給料をもらっているかどうかは客観的に判断することは難しいかもしれません。

それでは具体的な数字を見ていきましょう。

企業の大事な即戦力となる従業員たちの健康管理や簡単な医療行為を任せられる重要な任務を担当する産業看護師の給料は、月収で25万から50万くらいで、ボーナスが平均2回で70万から100万円くらい支給されているようです。人それぞれ違うようですが年収は、大体400万から700万円くらいとばらつきがあります。

企業がどのような用途や待遇で雇うかによって全く違ってくるようですが、年収700万も稼いでいる人はごくまれです。有名な大企業であれば、年収は高くなる傾向にあるようですが、平均的に言って、専門手当などが考慮されますので普通の一般職のOLより少し高めな給料をもらっていると考えておけば良いようです。

福利厚生

病院と違い、企業で働くことは福利厚生も手厚く恵まれるようになる傾向にあります。保養所の充実や、健康保険組合による医療保険の援助や企業内や関連会社の施設におけるお得なサービスなどが受けられることがあります。

何より助かることは、病院内で働いていると不規則な労働になりますので、福利厚生があったとしても頻繁に利用することは難しく見過ごしてしま人が多いです。企業内で働くことは休日が固定されていることが多いですので、計画的に福利厚生を利用することが可能になりますので積極的に利用している人が増えているようです。

昇給について

企業内で出世をすることや、昇給を狙うことは、上司の後ろ盾や大きな評価をされる仕事を行わないと難しいことです。一般企業に務める営業職や事務職の人でさえ、出世や年収UPの機会に恵まれることはあまり多くはないようです。

仕事は、上司や他人に評価をされて一段と楽しくなります。自分の働いたことが他人に大きく評価されて、年収がUPするという金銭的にも恵まれることは大変嬉しいことです。

産業看護師の給料を上げることは、専門職であるがゆえに他人が評価をすることはさらに難しくなり容易なことではないようです。営業職など売上が急激に延びたなど目に見えることは仕事上ないので、評価をすることは困難になります。

どうしたら年収をUPできるか考えてみると、非営業職の人たちと同じように信頼や経験に基づくことが一般的です。企業内の従業員たちが体調など悪くなった時や、突然の病気の時などに頼ってくれて信頼されるか、長い年月勤めあげられるかなど多くの経験が評価に繋がる職種です。毎日を一生懸命に企業の為に努力して真面目に勤めることが年収UPへの最も近道な方法です。

アルバイト・パート・派遣の場合の時給相場

産業看護師の仕事をアルバイトやパート、派遣の働き方で行う人もいます。パートや派遣などはさまざまな職種でたくさんありますが、専門職の資格があると専門手当がつきますので時給も高くなります。

企業内で看護師として働いた時の時給は、平均で900円から1,600円くらいが相場のようです。学生のアルバイトや主婦のパートなどよりは少し高めな時給で設定されています。病院内でパートをするよりも、午前中か午後のみでも良いなどの融通が比較的にききやすいので企業内で働くことは正社員と同様に人気があります。