皆さんは、看護師として企業で働くことに憧れたことはありませんか?

病院とは異なる環境の中で、違う働き方を選択したいと、きっと誰しもが一度は思うのではないでしょうか。

今、まさに転職先として、企業の求人情報がないか検索している方もいらっしゃるかもしれません。

一口に企業と言っても、想像以上に様々な職場がありますので、今回は企業内医務室(企業内健康管理室)の仕事についてご紹介していこうと思います。

企業の医務室で働くナース!産業看護師の仕事とは

企業の医務室での仕事について、何となく想像はできると思いますが、実際にはどのような職場なのでしょうか。業務内容だけでなく、企業ならではの雰囲気や、具体的な業務内容などについて、いくつかの特徴があります。

従業員の健康管理が主な業務

ご想像のとおり、その企業に勤務する従業員の健康を管理する業務が主な仕事になります。

通常の業務としては、従業員が体調不良の際に対応するなど、その都度発生する業務があります。これは、日常的なものなので、季節の変わり目に、風邪などの症状を呈する場合がほとんどです。

しかし、中には工場等の機械類を操作するような職場の場合には、それらに関連した事故の対応なども求められます。

自社に医務室を完備しているような企業は、ある程度の規模があるはずなので、組織的な事故防止へ全力を尽くしている場合がほとんどですので、めったに事故は起こらないものの、ゼロではありません

また、企業の種類に関わらず、心筋梗塞や脳梗塞を発症する例もあるので、そういった緊急時に適切な処置を行い、病院にできるだけ早く連れていくということも重要な業務です。

とはいえ、病院と違いほとんどの場合が軽症の症状ですので、救急部門のような多忙さを思い描く必要は全くありません。

また、通常の健康管理に伴う業務意外にも、定期的な業務として、健康診断のフォローを行ったりもします。これは、健康診断の結果からフォローが必要そうな対象をピックアップして、日常生活の改善を提案したりするものです。

さらにそれに伴い、残業やメンタルヘルスへの管理も、法的に企業に義務付けられるようになりましたので、欠かすことのできない業務になっています。

具体的には、残業申請の多い従業員と個別面談を行い、その結果などを上司にフィードバックして、改善を図るなどです。もちろん産業医もこれらの業務には関わってくるので、この難しい問題を看護師だけで解決しなくてはいけないということではありません。

しかし、最近ではこれらの残業時間の延長やメンタルヘルスの不調が多いなど、軽視できないほどに増えているので、日常的な業務として、従業員と面談したり、フォローしたりする必要性があると考えられます。

このように、企業での仕事は、病気や怪我をした場合は対処はもちろんのこと、これから深刻な疾患になっていくことを未然に防ぐことも、重要な業務の一つです。

従業員が健康に明るく働ける手助けをすることができる産業看護師(産業保健師)の仕事は、魅力的ですよね!

病院と比較して高い自由度が魅力

病院に勤務していると、規模にはよりますが、多忙でいつも何かに追われている感覚を抱きませんか?少なくとも私はそうでした。

そんな状況の病院にいると、当たり前すぎて何も疑問に思うことはありませんでしたが、企業に就職した後に、医療の世界がいかに制限の多い職場であるかということを実感したのを今でも鮮明に覚えています。

まず、好きな時に飲食もできるし、トイレに行くこともできるんです!

もちろん、職場によって、デスクでの飲食禁止というところもありますが、席以外でコーヒーを飲んだり、お菓子を少しつまんだりしても咎められることはありませんし、病院のように、処置の合間を塗って急いでトイレに行く必要もありません。

これだけでも相当な自由を感じると思いますが、さらにランチも自由に外に行くことができますし、たっぷり1時間取ることは当たり前です。

ナースコールを気にしながら、お弁当をかきこむように食べる代わりに、お財布を持って「今日は、どこにランチに行く?」という憧れの会話をすることができるのです。

また、白衣着用を義務付けている職場は多くなく、ほとんどの場合、服装はオフィスカジュアルと定められています。これは、ビジネスシーンに合うようにラフ過ぎない服装というもので、ある程度自由に着たい洋服を着ることができます

私の勤務していた企業では、規定があってないようなものだったので、ジーンズこそ禁止とされていましたが、その他ほとんど何でもOKという環境でした。それゆえ、もちろん看護師には制限がされているネイルも楽しむことだって問題ありません

また自由度は、フリーな環境という以外にも、制度においても感じることができます。

それは、勤務時間などについて、寛容であることです。例えば子供が急な発熱になった場合、早退したり、遅く出勤するなど、臨機応変に決めることができます。病院ではこういう融通ってなかなかききませんよね?

また、有給も比較的自由に取得できるため、家族と合わせて旅行に行くことなどもできます。

どうですが?病院に比べて、自由度の高さを感じていただけるのではないでしょうか。現在、かなり厳しい環境で仕事をされている方なら、きっと喉から手が出る環境ですよね。

私も転職する前は、この環境がどうしても欲しくて必死に求人募集を探したので、お気持ちがよく分かります。

デスクワーク中心で少ない負担

企業での仕事は、基本的にはデスクワークが中心です。診療の際に、一時的に体を動かすことがあっても、データ入力などを含めて、パソコンに向かっている時間が主な時間になります。

そのため、ある程度パソコンのスキルがあることが求められますが、特に採用時に特別な指定がない限り、それほど心配の必要はありません。

ごく基本的な業務に使用する程度の場合もありますので、入社後にスキルアップをすることも可能です。実際、私がそうでした。

またデスクワークという点に関連していますが、何よりも夜勤がないという点を強調したいと思います。これにより、これまで何となくやり過ごしてきた体の不調が、一気に整うことは間違いありません。

やはり、夜はきちんと寝て、朝起きて仕事をするスタイルは、人間にとって基本的でもっとも重要だと、転職して私は気が付きました。この点は、無理をしている方も多いと思うので、十分なメリットと考えられるのではないでしょうか。

最期に一つだけ、強いてデメリットを挙げるなら、会議の回数が圧倒的に多くなります。長時間にわたり会議室に籠ることも珍しくなく、これまで体を動かしてきた人には、少々窮屈に感じるかもしれません。

しかし、これもパソコンのスキル同様に、慣れの問題なので最終的には問題に感じることもないと思います。

産業看護師(産業保健師)になるには

まずは、資格についてですが、これはどの求人ごとに異なります。たとえば、企業内診療所のような、医療行為を中心に行うことが多い場合には、看護師の資格のみで採用されることもあります。

逆に、医療行為はあくまでも副次的な業務で、基本的にはデータ処理や、健康増進事業に重きを置いているような場合は、保健師の資格が求められます

とはいえ、これはあくまでも目安であり、企業によって本当に様々な募集条件を出しているので、参考程度にとどめておいてください。

さらに、看護師や保健師としての経験年数をしっかり定めている企業もあれば、新しい人材を欲することから、あえて経験は問わないような企業も数多くあります。卒業校に関しても同じです。

それなので、企業に勤めた経験がない、十分な看護師経験がないからと心配する必要は全くありません。

先ほども少し触れましたが、基本的にデスクワークが中心になりますので、パソコンのスキルを問われる場合が多いです。

しかし、電子カルテを使用したり、日常的に自宅でパソコンを操作することができるレベルであれば、ほとんど採用に問題ありません。

もちろん、エクセルを使いこなし、プログラムが組めるようなスキルがあれば、データ管理が容易にできるので、歓迎されることは間違いありません。しかし、求められる業務はエンジニアではなく、看護師(保健師)としての資格なので、その点は重要視されません。

最終的に、募集している企業次第ということを言ってしまえば、元も子もないように聞こえますが、そのくらい選択の幅はあるということです。

そういった意味で言えば、自分の将来像を自分で好きなように選べるということです。

私の友人は、保健師として企業に勤務していますが、就職後に産業カウンセラーの資格を取得しました。それは業務上、保有していた方が何かと便利という点と、会社が全額補助してくれたからです。

このように、就職後に必要な資格取得をサポートしてくれる企業も多いですので、特定の資格を求めてくる企業に就職しようとしない限り、就職前に衛生管理者や心理カウンセラーなどの、看護師以外の資格について、取得を焦る必要はないと思います。

いかがでしょうか。意外とそんなに難しい条件を求められるわけではないということがお伝えできれば嬉しいです。

企業の看護師求人に応募する方法

さて、企業内看護師になるための基本的なお話についてこれまで、触れてきました。では、実際にどのように求人情報を探せば良いのでしょうか。

実はここが一番重要なポイントと言っても過言ではありません。

病院の採用情報と違って、限られた転職サイトなどで情報が公開されていること、さらにその掲載期間が非常に短いこと。というのも、年中人員を増やそうという姿勢で企業はいません。

その年の売り上げや、人件費がシビアに採用に反映されますので、悠長に時間をかけてより良い人材を探そうということはしません。短期集中で採用を行います。

具体的には、人の入れ替わりの時期に合わせて行うことが多く、人事異動などの時期にもよりますが、4半期ごとの時期が一つの目安になります。要するに、4月、7月、10月、1月頃です。

その都度、新しい事業開発を進めたり、それに伴う決算を行いますので、募集を出しやすい時期になるわけです。もちろん、これ以外にも産休職員の代わりなど、不定期のものもありますが、より多く募集が出るのはこの時期です。

そして先ほども記載しましたが、企業は即戦力を重視しますので、この時期に一気に募集して、短時間に採用を決定します。応募するコツとしては、この時期になったらマメに転職サイトをチェックすることが非常に重要です。

病院に比べると、それほど多くの採用情報出回ることはありませんので、出てきた瞬間に採用が決定することも珍しくありません。毎日でもチェックすることをお勧めします。目新しい採用情報に出会えなくても、根気強く続けてください。これが一番重要です。

では、実際にどのような転職サイトで、このような企業の情報が掲載されているのでしょうか。

これに関しては、まず企業が人材を募集する際の仕組みについて説明する必要があります。企業では、採用をかける際に、人材派遣会社を通して募集することがほとんどです。これは大きな企業になればなるほど、より他企業を使用します。

そして、この人材派遣会社というのは、基本的にある程度付き合いのある会社に、まずは声をかけるのが一般的です。それは、看護師などの医療者の採用をほとんど行わないような企業では、看護師専門の人材派遣会社ではなく、一般の人材派遣会社に連絡をするということです。

逆に、看護師を多く採用しているような企業では、看護師専門の人材派遣会社に連絡をするという傾向があります。

それなので、私のお勧めは、まずは看護師専門の転職サイトなどで、求人情報を検索し、その後に一般の転職サイトなどを閲覧するのが良いと思います。看護師の求人情報は圧倒的に看護師専門の転職サイトの方が多くあります。

>>おすすめの看護師転職サイトはこちら

しかし、上記の理由から、ごく一部は、一般の転職サイトにも掲載されることがあります。そして、看護師さんが一般の転職サイトを検索することはほとんどないと思いますので、そういったサイトを見ることは、早い者勝ちの世界でもある企業の募集には有利なのです。

では、どのような企業が看護師の募集をしているのでしょうか。私が転職活動をしていた際に、実際に目にした企業の名前を列挙したいと思います。

検診や、企業内診療所、電話相談など様々なタイプの業務として、マイクロソフト、ソフトバンク、ネスレ、明治安田生命、損保ジャパン日本興亜、トヨタ、旭化成、東京日動火災、学研、ワタミなどが募集をしていました。

その他にも、産業看護師(保健師)の求人を出す可能性のあるとしては、NTT、日産、サントリー、au、ユニクロなどの大手企業も考えられます。なぜなら、ある程度の規模の企業では、産業医などの配置を義務付けられているからです。

そして、今現在勤務している看護師さんたちも、定年を迎えるなどして、入れ替わりを定期的にすることになるため、数は少ないですが、今後募集が出ると考えられます。

以上に挙げた企業以外にも、たくさんの企業が同じ条件ですので、根気よく求人情報をさがしてみてください。

産業看護師・産業保健師として採用される秘訣

それでは、根気よく検索した結果、よい企業に出会えたとします。しかし、企業で働きたい看護師さんはたくさんいる中、どのように採用を勝ち取れば良いのでしょうか。

実は、私は企業に勤めていた際に、新規採用のための面接を行う担当でもありました。私自身は看護師なので、看護師さんの採用はもちろんのこと、一般の社員の面接にも携わっていました。それらの経験から言えることが、皆さんのお役に立てれば幸いです。

面接前の準備

まずは、企業の面接になれることが大切です。病院の採用面接と違い、面接官は、看護業務のみについて質問することはありません。むしろほとんどの時間を、その人の人となりや社会性を観察します

企業では、実に様々な人と接することと、バランスよく全体を見ながら立ち回れる人が重宝されます。そういう点を見極めるためには、どのようなことを考え、どのような回答をするのかをしっかりと見るのです。

例えば、今朝のニュースで一番記憶に残っていることは何ですか?と質問されたとします。あなたは満足のいく答えができる自信はありますか?

このように企業ならではの面接に備えることが必要なのです。そのためには、転職サイトにある面接対策を参考にしたり、セミナーに参加するのも良いでしょう。

他にも、転職サイトの方が、面接時に同行してくれる場合もありますので、対策などを面接前に事前に話し合うのも良いと思います。特に企業の面接が初めての方は、打ち合わせをしておいた方が無難です。

転職サイトの方は、数多くの企業を見てきているので、どのような対策が必要か的確に教えてくれます。

面接時のポイント

では、事前の準備をしっかりしたとして、面接時のポイントはどのようなものでしょうか。

それは「やる気が見える」の一言に尽きます。

数多くの面接を行ってきたからこそわかるのですが、採用した人は全て、自分なりのやる気を見せていました。これは単純に明るく元気が良いというようなことではありません。この企業で自分が何をしたいのか具体的な絵が描けているかということです。

前にも述べましたが、企業は即戦力を求めています。自分から素直に吸収し、伸びていける人を求めているのです。これは、不思議なもので、面接時にどんなことをしたいかという質問などで、その人の内面をみることができるのです。

精神論のように聞こえてしまうのが残念なのですが、企業に本気で就職したいのであれば、明確な熱意を持ってください。私はこれがやりたいと言えるものがある人と内人では、本当に差が出ます。

そして、もう一つぜひお伝えさせていただきたいのですが、綺麗な答えができなかったり、経歴がスラスラ言えなかったりしても、問題ありません。そのような点はあまり見ていませんので、静かに熱意を伝えることに尽力してください。

まとめ

企業への転職を行うことはいろいろな意味で壁があるかもしれません。

今すぐに転職を考えていない方も、考えているが、良い募集条件に出会えないという方も、長い目で探してみることをお勧めします。私は、実際に半年以上かけて、企業を選択しました。そのくらい納得する求人に出会えるのは、時間がかかると考えてください。

しかし、本当に新しい自分に出会えるチャンスになることと、その後の世界観がまるで変わることを考えると、挑戦して損はないと思います。

自分の経験から、かなり具体的な内容を記載させていただきましたので、これをご参考にされて、皆さんが企業に転職できることを願っています。