産業看護師とは、企業の医務室や診療所及び健康管理室で勤務するナースのことを言います。保健師資格者が多いということもあり、産業保健師とも呼ばれます。

産業看護師になるには、特別な資格は必要なく、看護師免許さえ取得していれば基本的に問題はありません。

しかし、求人数は病院などに比べると少なくなっていて、「求人を見つけることができるか」が重要なポイントになります。

産業看護師のような病院以外の人気求人を見つける方法は、こちらのページで解説しているので参考にしてみて下さい。

産業看護師の採用に有利な資格

倍率が高い職場に応募した場合、産業看護の仕事で活かせる資格やスキルがあるとライバルに差をつけることができます。

仕事で役立つものとしては、衛生管理者産業カウンセラー保健師などがあります。

産業カウンセラー

この中で比較的取得しやすい資格は、産業カウンセラーの資格です。メンタルヘルスケアを必要とする人が増え多くの企業が取り組みを進めているため、既に企業の医務室などで勤務している看護師にも取得を促す企業もあります。

応募条件にこの資格を取得していることを記載している求人は少ないですが、仕事で役立つ場面は多いので取得しておくと採用面で有利になりやすいです。

衛生管理者

衛生管理者免許は、50人以上の労働者がいるような企業に応募する際に特に力を発揮します。衛生管理者の資格には、「第一種衛生管理者免許」と「第二種衛生管理者免許」の2種類があります。

第一種を取得すればどんな業種の企業でも衛生管理者になることが可能ですが、第二種の場合は情報通信業や金融業、保険業といった比較的有害業務の少ない事業を行っている企業でしか衛生管理者となることができません。

ですから産業看護師になる前にこの免許を取得する際は、どちらを取得するかきちんと考える必要があります。この資格についても応募条件に記載されている求人は少ないですが、社員数が多かったり工場を持っていたりする企業に応募する際は強みになります。

保健師

「看護師資格と保健師資格を取得していれば有利になる」と言われていますが、実際には企業の方針や自分がどんな企業で勤務したいかによって、その通りである場合とそうでもない場合があります。

実際の求人を見てみると、看護師免許だけで応募できるものも多く見つけることができます。しかし、看護師免許と保健師免許の両方を取得しているナースだけが応募できる求人もあるのは事実で、「1人でナースとしても保健師としても働ける人材が欲しい」と考えている企業も実際に多くあります。

保健師の資格も持っているナースになるには、かなりの時間や労力、お金が必要となるので取得しない人も多くいます。しかし、保健師資格を持っていなくても産業看護師として採用されている人は多くいますので、本当に取得するべきかどうかはきちんと考えて判断することをおすすめします。

これらの資格はすぐに取得できるものではなく、講座を受けて勉強したり試験を受けたりする必要があるため時間がかかります。そのため産業看護師になりたいと思った時には、取得に向けて早目に行動を始めておくと良いでしょう。

採用試験までに資格試験に合格していなければ「持っている」と言うことはできませんが、「取得に向けて勉強している」というだけでも面接の際には大きなアピールポイントになります。また資格を取得しているだけでなく、仕事で活きるスキルがあることも有利になることが多くあります。

その他採用に有利なスキル

産業看護師が仕事でよく使うスキルとして、パソコンの操作スキルがあります。病院などで働く場合にはパソコンを使うことは少ないですが、企業で勤務するナースになるには必須のスキルです。

ワードを使った文書作成やエクセルを使ったデータ管理・関数処理など、基本的なことができるくらいのレベルがあれば十分ですので、日頃からパソコンに触れて慣れておくと良いでしょう。

また、ナースが企業に勤める際に戸惑うのが、ビジネスマナーです。企業の医務室や診療所で働くナースにも、ビジネスマナーが求められます。

求人に応募する書類や面接時の言葉遣い・態度などから既に企業は見ているので、日頃から気を付けるようにしておくと良いでしょう。