仕事は楽?辛い?

企業で働く産業看護師の仕事内容は、社員や従業員に対する健康管理というのがメインです。社内の医務室に常駐し、看護師は私1人のため保健活動から定期健康診断の手配などをすべて行わなくてはならず、多忙で辛い時も多くあります。

同業者の職場仲間がいないというのも、人によっては寂しさを感じるかもしれませんが、従業員の方と話す機会もあり、優しく声をかけてくれるので私は楽しくやってます。


向いている人は?向いていない人は?

産業看護師に向いている人は、コミュニケーション能力が高く、リーダーシップのある人だと思います。産業看護師の仕事は、病気の患者が相手ではなく社員や従業員の健康管理というのがメインですが、最近ではメンタルヘルスに関する相談で医務室を訪れる人も増えているため、相手を理解するためにもコミュニケーション能力が必要です。

また、相手から頼りにされるリーダーシップがあることも大切です。逆に引っ込み思案の人や、消極的な性格の人は、向いていないかもしれません。


どんな求人を選ぶべき?

産業看護師の求人はおもに、一般企業や工場などで見ることができます。

基本的に夜勤はなく、土日祝休みで平日の日勤というのが一般的ですが、求人を選ぶ際には雇用条件や待遇などがポイントです。

仕事内容についても、求人によっては一般事務と兼務といったものもあるため保健活動のみを希望するのであれば注意が必要です。ただ産業看護師の求人というのは、地域によっては非常に少ないため、選ぶほどの余裕がないというのが実状です


外資系企業、大手企業、中小企業…それぞれの違いは?

外資系企業における産業看護師の求人では、医務室勤務よりもクリニカルコーディネーターや治験コーディネーターなどにおける看護師の募集が多く見られています。

こういった職種は看護業務とは大きく異なり、専門性も求められることとなります。一般の大手企業や中小企業の場合では、社内に医務室を設けて、看護師を置くというのが一般的となっています。

どちらかと言うと中小企業よりも、従業員数の多い大手企業での募集が多くなっています。


どうしても企業で働きたい人はどうしたらいい?

一般的に企業における医務室の看護師求人は、非常に少ないと言われています。

最近では、従業員の健康管理に力を入れる企業も増えてはいますが、採用人数が少ないうえ離職者も少ないということから、求人を見つけるのは困難となっています。

どうしても企業で働きたい場合には、求人情報をこまめにチェックするということが大切です。また、企業によっては看護師を派遣で採用するというところも多いため、産業看護師を専門とする派遣会社に登録するというのも、1つの方法です。


未経験の看護師でも働ける?

企業の医務室に勤務する産業看護師は、未経験でも可能な場合が多くなっています。

しかし、産業看護師は人気の職種で求人が出されると募集が殺到するということも珍しくはないため、やはり経験者の方が有利です。また、企業では看護師のほか、保健師の資格も保持している人を優遇するといった傾向があります。

そのため、未経験の看護師が企業へ転職するのは難しいというのが現状です。


アルバイトやパート勤務はある?

産業看護師は、正社員や派遣、パート・アルバイトなど、さまざまな雇用形態で採用されています。

しかし、フルタイム勤務が一般的となっているため、1日数時間勤務や週2~3日勤務などといった条件では見つけるのは難しいかもしれません。短期・単発のアルバイトについては、定期健康診断が実施される春や秋に多少募集を見ることができます。

パート・アルバイトであってもフルタイム勤務の場合では、福利厚生がつくというのが一般的です。


夜勤は多い?日勤のみでも働けるの?

企業における産業看護師の仕事は、基本的に日勤のみです。他の社員や従業員と同様の勤務時間となるのが一般的です。

24時間稼働する工場などでは夜勤があることもありますが、それ以外の場所ではありません。