30代 女性

看護師として働き始めてしばらくして、同じ看護学校の先輩と再会する機会がありました。彼女はその時、CRA(臨床開発モニター)として働いていて、私もCRAという仕事を知ることができました。

その当時は内科での勤務だったこともあり、投薬に関わることが多くありました。実際、その薬を作る現場で働く先輩の話は大変興味深く、CRAの仕事に興味を抱くことになりました。

その後、先輩からの紹介によって今の会社に入社することができ、今こうして働いています。

現在の会社はアットホームな雰囲気で温かみがあり、面接での雰囲気と働きやすさに惹かれて就職を決めました。

先輩とは今も連絡を取り合い、今度は私が同じ看護学校の友人や後輩たちに仕事を紹介する機会を得ました。情報交換をし合い、薬の最新情報や職場での愚痴も言い合って交流を深めています。

新薬開発の現場に立ってみると、これを使うのが同期の友人たちや後輩たちであると考えれば考えるほど、しっかり仕事をしなければ困ることになるのが友人たちであるともわかり、仕事の重要性を認識することができています。


30代 女性

これまでずっと看護師として働いてきましたが、企業で働いてみることも良いかと考え、CRAに転職しました。

看護師として働いていた間は、患者さんから掛けられる感謝の言葉にやりがいを感じていましたから、企業勤めで感じられるやりがいに関しては、期待と不安を胸に抱いていました。

実際にCRAとして働いてみると、自分の関わった薬が世の中へ出て、新しく患者さんたちの役に立っているとわかります。

巡り巡って、かつての同僚たちにも影響を与える仕事であるわけですから、遠回りながらも自信につながっています。

もちろん、開発に関わって新薬が完成し、そして医療現場で実際に使用されるまでには時間がかかりますから、すぐに自分の力が認められるわけではありません。

それでも長い目で見れば、確実に自信と誇りを持つことのできる仕事です。これからも長く働いてみたいと思っています。

このままずっと定年までCRAとして働くかどうかはわかりませんが、少なくとも現在のプロジェクトの成功までは働き続けたいと思っています。


40代 女性

病棟やICUでの勤務を経て、企業勤務のCRAに転職しました。

急性期の病棟で常に重篤な患者さんへ対応するICU勤めであったため、医療現場の最前線で働くよりも企業勤めであれば楽になるだろうという油断や期待があったことも事実です。

看護師としての勤務経験を活かすことのできる職場ではあったため、すぐに転職先としては候補になりました。

中途採用であっても、入社から1ヶ月は研修のスケジュールが組まれていて、手厚い教育プログラムのもとでCRAとして働くための勉強をすることができました。

当然ながら簡単な仕事ではなく、甘かった自分の認識に対して多少の後悔はあったものの、すぐにそのような気持ちは吹き飛んでしまいました。

最初はデータの整理やモニタリングといった仕事から任され、入社してから数年後にはプロジェクトの立ち上げから関わることができるようになりました。

さらに別のプロジェクトもあり、興味がある分野の新薬であったことから社内公募へ応募して、自分からプロジェクトに参加することもできました。

看護業界での経験としては、医療現場の忙しい時期がわかっているため、医師に協力を求めるタイミングや伝え方などの細かな事情もよくわかります。

臨床現場で培われたものを使い、新薬開発の場でつなぎ役として働くことができるのです。

CRAとしての勤務経験は浅いものの、看護業界の事情については詳しい自分とCRAとして働いて長い先輩たちの連携で、プロジェクトの成功に貢献することができました。

ICUや病棟とは違った緊張感があり、やりがいのある職場を見つけることができて今は喜んでいます。