CRAとは、「臨床開発モニター」とも呼ばれ、薬の臨床試験である治験に関する仕事を行います。

製薬会社や医療器機メーカーに勤めることがありますが、CROと呼ばれる製薬会社や医療器機メーカーの治験を代行する会社に勤めることも多いです。

CRAの給与

新卒や未経験の人が初めて就職した場合には、他の職業と大きな違いはありません。

CRAは、大学の薬学部などで初めからCRAを目指して勉強してきた人と、薬剤師や看護師等他の職業から転職してCRAになった人に分けることができます。

CRAへ転職した場合

以前の職に比べて、収が増える場合も減る場合もあるようです。

例を挙げて説明します。

大手の製薬会社⇒大手外資系のCROに国際臨床試験専任CRAへ転職
>年収650万円~年収450万円前後

年収は増えてはいないですが、語学力が評価されて国際臨床試験専任のCRAとして採用され本人としては満足だったようです。

製薬販売会社⇒中堅CROにCRAとして転職
年収250万円が360万円にUP
臨床検査技師⇒CRAへ転職
年収340万円~350万円
獣医⇒中堅CROに転職
年収270万円が430万円にUP
獣医としての知識や技術が転職に有利だった。

これらの例を見ると、CRAに転職すると給料が増えるとは一概には言えません。

CRAの年収

ある転職サイトが集計したCROで働くCRAのデータをもとにすると、次のような年収になるようです。

  • 初年度は400万円前後
  • 3年間勤務すると500万円以上
  • リーダークラスとなると、700万円を越え

ただし、これはCROについてのデータであり、対象としたCROは待遇の良い東京や大阪を本社とする企業です。このように考えると、東京や大阪の水準と考えられます。

一般的なデータでも見てみると、

  • 大卒でCRAとして働いた場合の相場は初任給が22万円
  • 大学院を修了して働いた場合の相場は初任給が24万円

初任給でもまずまずですが、経験を積み重ねていくことで20代でも年収が400万円以上、30代になると500万円以上、40代、50代ならば600万円以上と更に昇給!

役職に就いている人はそれに対する手当も発生するので、年収が1000万円を越えるような人もいるようです。

CRAとして治験に関わるには、治験についての専門的な知識が必要です。世界各国のCRAが集まって治験を行うことも数多く、英語を話す力も必要となってきます。英語が話せないとCRAとして仕事ができないわけではありませんが、英語を話せると国際治験などの大きな舞台でも活躍できるため仕事の幅も広がり、それに伴って給料アップも期待できます。

「看護師や薬剤師でも安定しているし、収入も多い」と言う人もいますが、看護師は不規則な仕事時間や精神的な厳しさというものがあるため、仕事内容と給与を比較したときにはCRAの方が勝っていると考えることも出来ます。

これからますますCRAの需要は高まることが期待できるため、安定した職業の1つです。