CRA(臨床開発モニター)のメリット

新たなものを世の中へ送り出すやりがい

CRA(臨床開発モニター)は、医薬品の治験について立ち上げから終了まで製薬会社と医療機関の橋渡しをしながら働く仕事であり、新たなものを世の中へ送り出すというやりがいが得られる点は期待を持って職へ就く人にとってメリットとなります。

勤務形態が固定されている

CRAになるということは、企業へ勤めることになります。そのため、看護師として働いている場合と異なり土曜日や日曜日の勤務、夜勤もなくなるという生活上の利点があります。

外部との折衝も多く外勤の仕事をする時間も多々あり、このあたりも看護師として病棟で勤務している環境とは大きく違っています。これまで経験しなかった働き方を経験することができる点をメリットとして感じている人も多くいます。

産前産後休暇や育児休暇が整備

CRAとして働いている人には女性も多いことから、職場では産前産後休暇や育児休暇が整備されている場合も多く働きやすさもあります。

病院外でのグローバルな局面で働ける

外国語を得意としている人などであれば活躍の場を広げることもでき、看護師としてよりスキルを活かす職場で働くことができるというメリットがあります。当然それに伴い、収入を増やすことのできる可能性もあるのです。

CRA(臨床開発モニター)のデメリット

収入を得るためには、激務をこなすことが求められます。実務に入る前には厳しい研修が行われ、社内で実施されている認定試験に合格しなければ現場に出ることができないという職場もあります。下積み期間のような苦労もあることは、デメリットとして受け取る人もいます。

出張、外勤が多い

医療機関への出張による交渉もありますし、治験にかかわる医療スタッフを集めて行われる治験の勉強会は企画から運営までを担当します。もちろん規則に基づいて治験が行われているかどうかを確認するために現場へも赴きます。そのため出張は必然的に多くなり、乗り物での移動を苦手としている人にとってはこのあたりが重荷になってしまう可能性もあります。

残業が多い

CRAという仕事では残業が発生することも多くあります。治験の業務が長引いてしまって残業になることがあるほか、書類の整理などにも時間がかかるのです。仕事の内容からして、勤務時間内で問題なく終業するということはなかなか難しいところもあります。

ただ、書類については早く書き終えるだけの力をつけることで残業を減らすことにも繋がります。はじめから残業をさせない方針の職場、残業を少なくするために取り組んでいる職場もあります。デメリットとなる要素のひとつですが、目下改善が進められているところでもあります。

精神面の消耗

実際に働く上では気苦労も多い仕事です。実験の効果を高めるためには、被験者を探さなければなりません。医療機関の患者さんに関するデータなどから基準を満たしている人がいたとしても、その人から承諾を得るということがまた大変であるのです。

治験についてのパンフレットを作成し、治験コーディネーターとの連携もとりながら何とか人数を確保しなければなりません。薬剤の投与が行われるときにも薬の間違い、併用すべきでない薬の使用といったことがないように監視を続ける必要があります。こういった精神面の消耗が、ストレスに感じられてデメリットとなってしまう人もいるのです。

責任が重い

治験に関する豊富な知識が必要ですし、責任が重くハードな仕事であることをデメリットとして感じる人もいます。それは、看護師として現場にかかわってきた知識や経験が役に立つ点は、看護師からの転職者にとってメリットになります。