仕事は楽?辛い?

治験とは、新しく開発された薬の効果を試す臨床試験のことです。

CRC(治験コーディネーター)の仕事は、治験のためにスケジュール管理をして、検査データが正しく得られるように病院を支援することです。

病院などにCRCを派遣する会社であるSMOや製薬会社から、期日までに具体的な数値を出して成果につなげるようプレッシャーがかけられることも少なくなく、楽な仕事ではありません。

治験を実施している病院では、余計な仕事を増やしたとしてCRCへ理不尽な対応をする場合もあります。

そういったことで悩む人も多いのですが、被験者に薬の効果が見られたときには、看護師や医師とまた違った喜びを感じられるものです。

看護師などと違って、土曜日や日曜日、祝日などは休日になって日勤だけですから、スケジュールの面では病棟勤務に比べて辛さが感じられないところもあり、一方治験に関わる法律などの知識を学ばなければならず、残業や自宅業務も少なからずあります。


向いている人は?向いていない人は?

CRCは、仕事をするにあたって被験者や病院の医療スタッフ、治験を依頼している製薬会社などといった各方面とのコミュニケーションをとらなければなりません。

そのため、一定のコミュニケーションスキルを持っている人には向いているということができます。誠実で明るく粘り強い人であれば、対人関係も良好に保ちながら最後までデータの分析を続けることができるでしょう。

また、治験について、一緒に仕事をするスタッフをまとめることのできる包容力も大切です。治験を進める中で判断を求められる場面があったときに、的確な判断をすることができる人も向いています。


どんな求人を選ぶべき?

治験コーディネーターを派遣している会社であるSMOでは、治験コーディネーターの教育をはじめとして治験のためにさまざまな業務をしています。

求人募集が出されていて、募集元であるSMOを選ぶにあたって迷うときは、治験セミナーに参加するとSMOについての詳しいことがわかります。

セミナーの後にはコンサルタントへ就職の相談をすることができますし、SMOを比較することも可能です。


働く企業の種類によっての違いは?

CRCの雇用については、SMOに所属してそこから病院へ派遣される場合と病院で直接雇用される場合があります。

病院に直接雇用される場合には、薬剤師や看護師としての仕事をしながら治験のコーディネートにもあたることが多くなっています。

そのほか、非常勤として採用される場合もありますが、SMOはどの会社もほぼ常勤採用をしています。


どうしてもCRCになりたい人はどうしたらいい?

治験コーディネーターの求人は、看護師や薬剤師を対象にした求人情報サイトで多く見つけることができます。

新薬を開発するための臨床試験である治験についてコーディネートをするわけですから、看護師や薬剤師としての経験が大いに役立つためです。

募集元が治験セミナーや説明会を開催していることが多く、まずそれに参加することが採用の第一歩ということになります


未経験の看護師でも働ける?

CRCとして求職活動をする上では、すでにCRCとしての経験があるかどうかによって収入にも差が生じることになります。

それ以前の問題として、経験者であることを応募条件として掲げている求人もあるのです。

そのため、CRCが未経験である看護師は、経験を必要としない求人を探すところから始めなければいけません。

CRCそのものは未経験であっても、看護師の仕事を経験していればCRCの仕事へ活かすことが可能です。


アルバイトやパート勤務のみ?

CRCの仕事については、アルバイトやパートといった勤務形態の求人もあります。

CRCの派遣をしているSMOに所属して、病院へ派遣されるというケースもあります。

病院に直接雇用される場合は、看護師などの仕事をしながらCRCも兼ねるといったようにして働くこともありますから、CRCの勤務形態はアルバイトやパート勤務だけとは限りません。