CRC(治験コーディネーター)正職員の平均年収

一般的な平均年収は500万円前後

治験コーディネーターとして働く場合の平均年収は、治験コーディネーナーとしての能力や経験によって大きく異なってきますが500万円前後といわれています。看護師としての経験より治験コーディネーターとしての経験と実績が問われ、給与に反映されます。

役職がついたり、部下を指導する立場になったりする事による役職手当等が付くことで給与の幅は広く、企業によっても変わってきますが積み上げた経験、実績、持っている知識、スキル等によってかなり幅があり、年代によっては他の職業より高いともいえます。

しかし、地域によって差があり、地方にある小さな治験会社の治験コーディネーターの年収は250万円前後、月収約15万円という方もいますし、都心部にある大きな治験会社になると年収700万前後、月収50万円前後のリーダー格の方もいます。

治験の専門知識を身に付け管理職以上の地位になると、年収1000万円を超える人もいます。

新卒者や未経験者はあまり高収入を期待できませんが、治験コーディネーターの実務経験2年を経て治験コーディネーター認定資格を取得していれば、その道のスペシャリストです。当然ですが給与面でも差が出てきますし、役職手当に繋がることになり結果給与が高くなると言えます。また、新人教育ができたり、製薬会社や治験担当医からの評価が高く指名がくる、契約奨励目標数を達成しているなどの能力、民間企業の治験コーディネーターの場合は成果報酬も給与アップのポイントです。

CRC(治験コーディネーター)アルバイト・パートの場合の時給相場

日当約8,000円~16,000円と差が大きい

治験コーディネーターにもアルバイトやパートで働いている方も大勢いますが、アルバイト、パート待遇でも様々な仕事を任されますので正社員同様の業務内容とを行います。治験に参加する患者さんへのフォロー、治験担当医師のサポート、スケジュール管理、データ収集等、正社員と業務の内容も責任の大きさも変わりません。

アルバイト・パートとして勤務をする場合の給与は、日当約8,000円~16,000円とかなりの差が出てきます。それは、バイトやパートでも治験コーディネーターとしての経験と能力が関係してくるためです。少ない人の場合で給与16万円前後、多い人の場合だと33万円前後となり、同じバイト・パートの立場で、同じ仕事内容でも、経験等があるのとないのでは給与に大きく差が出てしまいます。

やはり、アルバイト・パートとして勤務する場合でも、実績を積んで治験コーディネーター認定資格を取得しておけば日給も高くなりますし、バイト・パートから正社員になった時にすぐ給与面に反映されてきます。経験と実績の多さ、能力の高さから時には正社員より給料が高くなるというケースも出てきます。

この仕事を続けていくためにあえてバイト・パート待遇で勤務し、資格を取得後正社員になるという人もいます。治験コーディネーターはそれだけ実績と経験が重要視されるのです。