訪問看護師の年収

訪問看護ステーションで働く看護師は、勤務条件に比して収入の比較的高い傾向があります。年収の相場は400万円から500万円程度になっていて、夜勤が無く夜勤手当が支払われないでこの年収なので、ナースの働く職場としては好条件・高収入の仕事と言えます。

高齢化の進行にともなってニーズも増しており、人手不足となっている地域や職場では基本給が高めになっているケースも見られるなど、高収入に繋がる条件も多く揃っています。

訪問看護師の月収

訪問看護師として働く場合に支払われる月々の給料は、大きく分けて基本給とオンコール手当の2つに分けることができます。

基本給

基本給の相場は20万円から30万円程度になっていて、地域によって基本給の差が大きい傾向にあります。全国でも基本給の高い職場が多いのは東京都や大阪府で、高いケースでは35万円を超えるものもあります。

それ以外の地域でも、県庁所在地や都市部などでは比較的基本給の高い職場が多い傾向が見られます。また職場によっても基本給の金額の差が大きく、職場選びで年収が大きく変わってしまうのが特徴の1つです。

オンコール手当

訪問看護ステーションの多くは日中のみ業務を行っているため、病院で働く看護師のように夜勤手当は設定されていません。夜の遅い時間やカレンダーの休日に対応する体制になっている職場では、オンコール手当が支給されています。

夜勤手当のように月収を大きく押し上げるようなものではありませんが、オンコールに対応すればその分手当が支給されるので、オンコールが多い時には月収が高くなります。

オンコール手当の相場は、1件あたり1,000円~3,000円程度とそれほど高額ではありませんが、休日や夜間・深夜のオンコールに対応する際には1件あたりの金額がアップしたり、夜間対応を行う職場では待機手当が支給されたりするケースも多くあります。

各種手当

オンコール手当以外にも、職責手当や勤続手当、皆勤手当、能力手当、資格手当といった形で各種手当制度を設けている職場が多いというのも、訪問看護ステーションの特徴の1つです。

訪問看護師のパート時給

訪問看護ステーションでは、常勤としてだけでなく非常勤のスタッフを募集している職場も少なくありません。パートのような非常勤職員として働く場合の時給は、東京都や大阪府のような都市部では2,000円~3,000円が相場となっており、医療機関で非常勤職員として働く場合より高額なケースが多くなっています。

しかし、非常勤職員の時給についても地域や職場によって金額の差が大きい傾向があり、時給が低い地域では1,200円前後というケースも見られるので、給料にこだわりがあって高収入を得たい場合などには注意が必要です。

また、職場によっては、オンコールに対応していてもオンコール手当がつかず、その部分で収入アップを期待することができない場合もあります。非常勤職員として訪問看護ステーションに勤める際は時給制が一般的ですが、中には時給制ではなく歩合制を採用しているケースもあり、訪問件数によって月々の給料が支払われる職場もあります。

ちなみに、非常勤職員でもボーナスや各種手当がしっかり支給されるケースが多くなっています。ボーナスについては非常勤職員ということで上限額が設定されていることも多いですが、もらえるのともらえないのとでは年収が大きく異なってくるだけでなく、仕事へ取り組むモチベーションも左右されかねません。

ボーナスや各種手当制度次第では非常勤職員でもしっかり収入を得ることができるので、非常勤職員として働きたい場合には非常勤職員の手当制度などに注目してみると良いでしょう。