訪問介護員(ホームヘルパー)との違い

訪問介護員は「ホームヘルパー」や「ヘルパー」という名称で知られており、介護保険法に基づく資格職として介護を必要とする人の家へ訪問し、生活を送るために必要な介護や介助をしています。

訪問介護だけでなく、介護福祉施設などでもヘルパーの仕事をすることができます。訪問介護員と訪問看護師の仕事を比較してみると、食事や入浴の介助、排泄の介助など重複する部分が多くあります。

しかし、両者の職業の大きな違いは、「看護師としての仕事ができるか」という点にあります。傷の処置や酸素吸入器・人工呼吸器といった医療機器の管理などは、訪問介護員が行うことができない仕事です。

また、業務内容は似ている部分も多いのですが、訪問看護師は主に訪問看護ステーションに勤務することになります。一方で、訪問介護員は、介護サービスを提供している事業所などが主な職場です。

そのため、この2つの職業の人が同じ職場で働く機会は非常に少なくなっています。正・准に関わらず看護師免許があれば訪問介護員としても働くことが可能ですが、その際には訪問介護員の仕事しか行うことができないという点には気をつけなければなりません。

病棟看護師との違い

看護師の職場として最も一般的なのが総合病院などの病棟ですが、訪問看護ステーションと病棟には様々な違いがあります。最も大きな違いは、仕事内容です。病棟で働く看護師は高度な看護スキルや知識が求められることも多く、診療科も多いので配属先の診療科が変われば必要な知識やスキルも変わってきます。

また、入院している患者さんの入れ替わりが激しい職場も多く、1人の患者さんとじっくり向き合う余裕が無いこともあります。

一方、訪問看護師に高度な看護スキルが求められるようなことは少なく、バイタルチェックや傷の処置など基礎的な看護スキルで業務をこなすことが可能なケースが多くなっています。

訪問する患者さんが割り振られており、入れ替わりもそれほど激しくないのでじっくりと向き合うことができ、信頼関係を築いていく時間や余裕を持ちやすくなっています。その代わり、病棟で勤務するのと違って、看護だけでなく日常生活の介助なども行っており、ナースとしてのスキルも限定的です。

もう1つの大きな違いとして、様々な職種や地域の医療機関とのチームワークが不可欠ということがあります。病棟で働くナースの場合は、その患者さんの家族や主治医、院内の各部署との連携が重要で、他の機関などと連携することはそれほど多くありません。

しかし訪問看護の場合、訪問看護ステーションにはナースの他にケアマネージャーなども勤務しており、地域の医療機関や主治医、行政なども関わってくるので様々な人と関係を築いて連携することが大切です。そのため病棟で働くナースよりもチームワークを感じやすく、幅広い視点に立って看護に携わることができます。