訪問看護師として働くにあたり、上質のサービスを実現するためにはチームワークを欠かすことができません。というのも訪問看護ステーションでは多職種の人が働いており、医療機関など他の機関の協力が必要となることも多く、様々な職種のスタッフによる協力体制がしっかりしていなければ、十分なサービスを提供することができないためです。

最近では、訪問看護に様々な職種のチームワークが不可欠ということが改めて重要視されていて、医師会や自治体ではマニュアルを整えるほどになっています。

訪問看護ステーションで働くナースにとって特に連携が重要となるのは、ケアマネージャーや医師、薬剤師、歯科医師、歯科衛生士などです。また職場によっては保健師や作業療法士、理学療法士、さらには言語聴覚士などといった専門職とのチームワークも求められます。

医師との連携

まず、連携先として大事なのが「かかりつけ医」です。定期的に患者さんの診察を担当している医師は、診察内容や当時の状況などの情報を管理しているためです。また、日頃から服用している薬や既往症の情報もなど、訪問の際に必要な情報を多く持っています。

訪問看護師にとって、このような情報を医師から提供してもらうことは仕事を進める際の大きな手助けになるだけでなく、サービスをさらに充実させることにもつながります。

反対に、直接訪問して患者さんの状況を確認する訪問看護師が医師へ情報をフィードバックするということも大切です。気になったことや前回の訪問時と比較して良くなった点・悪くなった点などを情報共有することで、入退院を繰り返さないような治療と看護の提供につながります。

ケアマネージャーとの連携

訪問看護は介護と密接に結びついている仕事であり、やはりサービスとして利用する患者さんには高齢の人が多くなっています。そのため、ケアマネージャーとの関係も非常に重要となります。

ケアマネージャーは訪問看護ステーションで働く多職種の中でも中心的な存在であり、患者さんが自宅で不自由なく生活するためのケアプランを作成しています。ケアプランの作成には直接患者さんを訪問するナースからの情報が重要で、訪問看護師とは特にしっかり連携しなければなりません。

最近はナースにケアマネージャーが同行し、患者さんだけでなくその家族のケアを行ったり、家族がどのような介護をしてきたのかを調査したり、今後の介護の方向性を決めたり説明したり、相談にも応じています。

介護と看護は同時に必要とされる場合も多いので、訪問看護師とケアマネージャーのチームワークが良いと仕事も進めやすく、最適なサービスを提供しやすくもなります。

薬剤師との連携

薬剤師については、日常的に薬を使用している患者さんのケースでチームワークが重要です。

例えば、薬の副作用が強いと相談されたり、薬を使用していても効果が見られないという状況が確認されたりするような場合には、訪問看護師から薬剤師に関連する情報が伝達されます。

また、その情報をもとに薬を変更した際などには薬剤師からの情報提供もあります。最近では薬剤師が直接患者さんを訪問して薬効、副作用に関する情報、薬を使用する際の注意点などを患者さんと家族に説明するというケースも見られます。

歯科医師・歯科衛生士との連携

歯科医師や歯科衛生士との連携は、患者さんが高齢の場合に特に重要となります。入れ歯が合わないために口の中に不快感があったり食事をしにくかったりする場合には、訪問看護師から情報提供を行います。

栄養状態や栄養管理に問題・疑問などがある場合や食事ができない場合、体調不良を訴えている場合などに医師と保健師とナースのチームワークが重要です。患者さんの体調が変化することは容態悪化につながることも多いので、この三者のチームワークが良いことは病気の早期発見・治療につながります。

理学療法士や作業療法士との連携

理学療法士や作業療法士などの専門職は、リハビリを中心とする場合に連携が重要となる職種です。ナースが健康状態をチェックして状況を伝えることによって、患者さんのリハビリも無理のないものになります。