訪問看護師に転職するメリット

高収入な上に勤務条件が良い

まず最大のものでは、看護師の職として比較的高収入が得られやすいという点が挙げられます。平均年収は正社員だと400万円から500万円、事務所の規模によって更に上がる可能性があります。非常勤で勤める場合は、高時給が期待できることでしょう。そして、基本的に残業や夜勤がありませんから時間を自由に使え、仕事の時間とプライベートの時間とを明確に区別できます。事務所によって違いますが、土日休みということが多く、プライベートの時間はかなり確保しやすいと言えます。。

こうした事情を背景に持つため、急性期病棟やICU、手術室などの勤務者が転職先として訪問看護ステーションを選ぶ理由になっています。夜勤がなく休日がしっかりと確保できるという点が評価の対象であり、働きやすいと転職する価値があるのです。

スキルアップやキャリアアップが可能

訪問先によって様々な経験を積むことができ、スキルアップやキャリアアップが可能というメリットも大きいでしょう。

訪問看護の分野で経験を積むことで、そのまま長く続けて働き続けたり、今後介護や福祉の分野に転職するのに有利な経験を積み重ねていけます。場合によっては訪問看護の分野で認定看護師の資格を取得することもできます。スキルアップとキャリアアップの良いチャンスに繋げられ、キャリア形成ができます。

利用者との人間関係の構築

訪問看護師の仕事は、メリットとデメリットが表裏一体という面を持ち、そのうちひとつが訪問先の利用者との人間関係が挙げられます。上手く利用者やその家族と人間関係を築ければ、仕事にやりがいを感じられ、楽しく仕事をこなせ、利用者から感謝される楽しみが得られます。

基本的にひとりで訪問するために、訪問先でひとりで判断しなくてはいけないプレッシャーも感謝されることでやりがいに転じられます。

その反面、利用者やその家族との人間関係が上手く築けなければ、訪問看護ステーションへクレームをつけられたり、以前の担当者と比べられて批判されたりと精神的なプレッシャーを受けるでしょう。

親身な看護を続けることで、人間関係を緩和する努力が必要とされます。クレームに耐えられるだけの精神力と努力とでデメリットは克服可能です。向いていないと、耐えられずに離職していく看護師もいます。よって、出来るだけ人と話すことが好きな人、在宅医療について知識や経験を身につけたい人、患者さんや家族との関係を築いていきたいという前向きな人に向いています。

訪問看護師になるための条件に、臨床経験を要求する場合があります。その理由のひとつは、こうした人間関係を上手く築けるだけの経験値があるかどうかの判断基準となります。転職するに当たって不向きと判断されるのは、それなりの基準があるということです。

訪問看護師に転職するデメリット

雇用と収入の不安定

訪問看護ステーションごとに大きく違うこのデメリットは、事務所の経営状態によって雇用が不安定になったり、小規模な事務所だと福利厚生と言った面で満足できない可能性があります。また、小規模な事務所だと一定数の利用者を確保できずに収入が上がるどころか下がる可能性があります。同じく、ひとりの看護師が抱える担当数が増え負担になる危険性が挙げられ、転職や就業の際に安全な事務所を選ぶことでデメリットを避け、メリットに転じられます。

事務仕事が多い

地味なデメリットのひとつに、意外と事務仕事が多いという点があります。訪問看護師の仕事のメインはあくまで訪問先での看護業務なのですが、その内容について記録を取り、看護記録、業務の管理を手作業で記入したり、パソコンで入力したり、記録した書類を上司に報告しなくてはなりません。

仕事を多くこなせばこなすほど事務仕事が増えるということで、事務仕事が苦手な人にとっては苦痛に感じられるでしょう。慣れてしまえば意外と日々の仕事として割り切れますが、それまでは大変かもしれません。

また、事務作業が苦にならない人にとってはデメリットにならないでしょう。