訪問看護師になると身に付くスキル

看護師のスキルを伸ばせる

訪問看護の仕事は、病棟の看護師のように多くの看護師がいる中で仕事をするのではなく、大概は看護師は一人で、個人の判断で看護を行うことが多いです。医師が同席することはほとんどありませんから、患者さんの症状や状況をすべて看護師が理解していなければなりません。医師の指示を待つことがなく自分が判断しますので、その分だけ勉強が必要です。看護師として責任をもって患者さんに対応することで、看護のスキルを伸ばすことができます。

人を診る力

病棟での看護師の仕事は、検査のデータを見て病気の治療を行うことが多いですが、訪問看護の仕事は患者さん一人ひとりに向き合う仕事のため、「人を診る力」が身につきます。その他、訪問看護では営業を医療スタッフが行うこともあります。病院の仕事では発生することがない営業ですが、訪問看護では営業を行うこともあり、営業力も身につけることができます。

利用者が利用しているサービスの管理・調整

また、患者さん一人ひとりの看護に当たるだけでなく、介護の仕事も加わってきますから介護についても学ぶことができます。患者さんが利用しているサービスの管理や調整なども行いますし、患者さんや家族の質問に答えて、適格な決断を下さなければなりません。あらゆることに関わることから、看護師というだけでなく多くの面で自分を伸ばすことができ、社会人として総合的な力が身につきます。

臨機応変の対応や判断力

訪問看護で訪れると、あらゆることの対処を迫られます。何が起きてもすぐに対処できる臨機応変の対応や判断力も、訪問看護の仕事であるからこそ身に付けることができます。担当する患者は固定していることが多く、同じ患者さんを定期的に診ることになります。ですから、患者さんやその家族とのやりとりも多くなり、技術だけでなくコミュニケーションのスキルを身につけることもできます。

訪問看護師の関連資格

訪問看護師になるためには、医療行為を行うため看護師の資格が必須です。それだけでも訪問看護師として働くことは出来ますが、訪問看護師として仕事の幅を広げたければ他にも取得して欲しい資格があります。

訪問看護師は患者さんに看護業務を行うだけでなく、身体の介護も行うため介護士としての役目もあります。

そのため、下記の資格を実際に取得している訪問看護師が多いです。

ホームヘルパーの資格があれば、患者さんにどのような家事サービスが必要かを判断することができますし、身体の介護の方法についてもわかります。ホームヘルパーとして身につけた知識は、訪問した先ですぐに役立てることができます。

また、患者さんの身体面だけでなく精神面でも支えてあげることも訪問看護師に求められていますから、介護福祉士(ケアワーカー)としての資格も有効です。

最後に、多くの訪問看護師が取得しているケアマネージャーになれば、患者さん一人ひとりの今後の方針を決めることができます。患者さん一人ひとりにどんなサービスが必要で、どんな看護が必要かを決められるケアマネージャーの資格は非常に役立ちます。

もう1つ、訪問看護師に望まれる資格は保健師です。

訪問先の患者さんが自宅で過ごしやすくするためには、家庭でどのようなことが必要か、健康相談に乗ることも必要です。保健師の資格を持っていれば、適切な健康相談を行うことができます。

訪問看護師としてさらにスキルアップを目指すならば、訪問看護認定看護師の資格があります。

看護技術があり、更に経験に基づいた知識を持っている訪問看護師が認定看護師の資格を取得すれば、看護師として他の看護師に指導やアドバイスを行うことができます。訪問看護師として1つ上を目指すならば、認定看護師の資格の取得をおすすめします。