福岡県の保育園の看護師求人

福岡県には平成25年現在で認定保育園が県内に約500施設、公式には認定街保育園と呼ばれる届出保育施設は約150施設あります。これらの施設の分布は、都市部の福岡市や北九州市で平均して認定保育園が20から30前後、少ない地域では3から10の保育施設が機能しています。

そうした施設の中で看護師を募集している保育園は、飯塚市、小郡市などの比較的都市部よりもベッドタウンとしての機能を果たしている地域にあります。これは、都市の中枢よりもベッドタウンでの保育園の需要が高いことと、選ばれる側になった保育園の質の高い保育を提供するための策だと言えます。

福岡県は郊外がベッドタウンとしての機能を果たしているように、夫婦共働きで勤務する家庭が多いためか、幼稚園よりも保育園の需要が高い傾向があります。幼稚園と保育園は預かってくれる時間の差が生じるため、働くお母さんにとっては重要なポイントとなります。そのため、保育園では他園と差を付けるために様々な工夫を凝らしています。

施設の美化や保育士の質を向上させる他、看護師の配置も行うようになりました。そもそも福岡県では保育園の需要が高いため、保育園看護師の求人は多く存在します。ほとんどの場合、週休1日から2日の勤務体系です。東京・名古屋など大都市の保育園と比べると、土日は休みになっている保育園が多いです。

福岡県の幼稚園の看護師求人

福岡県には、430前後の私立幼稚園が存在しています。分布としては、都市部の福岡市や北九州市で多くなっています。保育園の数とは200程度の差があり、保育園の需要が高い事は数字でも分かります。

実際に、よくある求人サイトなどでは、幼稚園看護師の求人を見つけることがほとんどできません。幼稚園の看護師はもともと需要が少ない上に、幼稚園看護師になる看護師はもともと子供好きな人が多く、なかなか退職せず空きがでないという事情もあります。

福岡県の託児所の看護師求人

福岡県にある託児所で、看護師が常駐しているところはほとんどありません。福岡県の託児所は一時預かりの場所として利用するお母さんが多く、看護師まで常駐していません。

一時預かりの場合には、最低1時間程度からの預かりになるため、保育士で十分対応可能であるという託児所の判断もあるのです。そのため、託児所の看護師求人はほとんど見かける機会がありません。

福岡県の病児保育の看護師求人

福岡県において病児保育をしている施設は、50軒以上があります。その多くは、医療施設に併設されています。そのため、病児保育の看護師としての求人は少なく、併設されている病院の看護師として募集がかかり、小児科に勤務した看護師が交代で病児保育の担当となる傾向にあります。

しかしながら福岡県では毎年少ない年で1軒、多い年では3軒ほど病児保育を開始する医療施設があります。そのため、福岡市などの都市部で需要のありそうな地域では、今後求人は増えていくでしょう。

また、企業でも女性の社会進出促進のため病児保育支援に力をいれているところもあります。そうした企業からも、実際に求人が出されています。病児保育の看護師は子供相手になるため、病院勤務経験があっても難しいのが現実です。そうしたスキルを磨きたい人には、病児保育看護師はうってつけの仕事です。

市区町村での違い

看護師が常駐している施設は、中心部がほとんどです。幼稚園・保育園・託児所・病児保育を問わず、看護師がいる保育施設はそのほとんどが福岡市などの中心部にあります。地域差がでることは保育格差を生むことになりますが、郊外の市区町村では看護師が常駐する保育施設の需要がほとんどないというのが現状です。

看護師が常駐するメリットは、保育士が対応できる範囲を超えた怪我・病気等の訴えがあったときに、より早く対応することができるという点です。福岡中心部の保育施設では子供たちの人数が多いのにもかかわらず、保育士の数が不足している状況にあります。

そのため、体調を崩したりけがをしたりした、子供にまで目を向ける余裕が無くなってしまっています。そこで専門の看護師が存在することで、子どもたちの小さな変化に気づくことができるのです。郊外でも、看護師常駐の保育施設ができればより女性の社会進出を促すことができるはずです。看護師が存在することで保育の質が向上する余地は、まだまだあります。