三重県の保育園(保育所)の看護師求人

三重県の保育園は全部で約470箇所あり、そのうち津市と四日市市が60箇所あまり、伊勢市、松阪市、鈴鹿市、桑名市、名張市、伊賀市に数十か所、亀山市、志摩市、名張市、いなべ市に十数か所、残りの市町村に数か所ずつ分散しています。

三重県で人口の多い都市の1位、2位を占める四日市市と津市は自然と保育園の数が多く、看護師が多く働いています。今ナースを雇っていない保育園でも将来的に雇う可能性はあり、保育園に問い合わせてみる価値はあります。

三重県の幼稚園の看護師求人

三重県の幼稚園は全部で約230箇所あり、そのうち県庁所在地である津市に約50か所、四日市市に40箇所、桑名市、鈴鹿市、松阪市に数十か所ずつ、残りの市町村に数か所ずつ点在しています。

四日市市は中京工業地帯の工業都市として全国的に名が知られており、周辺の地域から働きに来る人々がいるため幼稚園は必須です。その分、看護師求人を探しやすく、幼稚園の方でも人手を必要としています。

三重県内では県庁所在地である津市よりも人口が多く、県内最大の人口を持つ四日市市の方が幼稚園の需要は高いのです。

三重県の託児所の看護師求人

三重県の託児所は県庁所在地の津市以外にいろんな市町村に広がっています。

津市の託児所は、夜間保育や日曜祝祭日預かり、学童保育と手広く行い、松阪市の託児所は加えて24時間預かりと宿泊を取り入れていて、学童保育も行っているため大きくなって預けにくくなったと感じた保護者も利用できます。

託児所が最も多いのは四日市市で、深夜預かりや夜間預かりを行う託児所が多く、仕事の関係で夜遅くまで働く親御さんの心強い味方です。その分、看護師は多忙となり、夜勤や深夜勤に近い勤務形態で働くことになり保育士と共に忙しい働きをすることになってしまいます。

三重県の病児保育の看護師求人

三重県の病児保育は全部で9箇所あり、一見少なく感じられるものの三重県は人口が然程多くない県であるため、十分カバーできています。9箇所ある病児保育はすべて別々の市町村にあり、伊賀市、伊勢市、熊野市、桑名市、志摩市、鈴鹿市、津市、松岡市、四日市市とばらばらに分散しています。

津市は県庁所在地ですが突出して人口が多い訳ではないために、1個所のみ。

三重県の病児保育施設は小児科の併設施設がほとんどで、求人も病院から出されています。

特にお子さんに多いのが麻疹、風疹、水ぼうそう、おたふく風邪で、小さいうちに免疫をつけておくべき病気を発症した時に、保護者が仕事を休めないのはよくあることです。かと言って、他のお子さんに下手に移す訳には行かず、一般の保育施設では預かりを拒否されてしまうためここで病児保育の出番となります。

感染症であっても医師や看護師が対応に当たり預かってもらえるため、親からしたらメリットが高いはずです。

市区町村での違い

県庁所在地である津市より四日市市の方が保育施設の数が多く、求人を探しやすいです。

四日市市は高度経済成長期から続く工業都市であり、働く世代が多く集まる市です。その分、子供を預ける保育施設が必要とされ、結果として津市を上回る数となりました。現在もその傾向は変わらず、津市を上回って求人数があります。

他の伊勢市や松阪市、伊賀市、桑名市、鈴鹿市と言った人口が比較的多い都市にも集中する傾向にあります。

やや見つかりにくくなってくるのが木曽岬町、朝日町などで、求人を探そうにも前提として保育施設が数か所しかない市町村です。