鳥取県の保育園(保育所)の看護師求人

鳥取県では「子育て王国とっとり」のスローガンを掲げていて、子育て環境の整備に力を入れています。県内の人口は58万人であり、全国において最も少ないのですが、およそ200ヶ所の保育園で待機児童ゼロは実現されています。

殆どの園で土曜日保育を実施している等、保育園の充実ぶりも伺われます。これらの中には看護師が常駐している園もあり、求人も出されています。

鳥取県の保育園は大部分が県庁所在地である鳥取市、県内の主要都市である倉吉市や米子市、境港市等に集まっています。一方で、主要都市以外の地域では、公立保育園が殆どで数も少なくなっています。看護師が常駐している園はあり、市町村役場から募集が出される場合もあります。

鳥取県の幼稚園の看護師求人

鳥取県内には46ヶ所の幼稚園があるものの、看護師の採用についてはこれからと言う状況です。鳥取県の幼稚園においては特に時間の面で、保育園とのボーダレス化も進んでいます。全ての園で預かり保育を実施していて、土曜日保育や午後6時過ぎまでの保育に対応している園も多くなっています。

また、私立幼稚園を中心として午前8時前から園児を受け入れている場合、夏季等の長期休業中には特別保育で働く親を支援している場合もあります。保育年齢についても、2歳児から受け入れている園もあり、幼稚園の数自体も多い鳥取市や米子市を中心として倉吉市、境港市、湯梨浜町、北栄町、琴浦町にあります。

こうした流れの中で今後、ナースの採用が増える可能性はあります。

鳥取県の託児所の看護師求人

鳥取県のホームページでは、子育て支援の一環として鳥取市、米子市、境港市、湖山町にある5ヶ所の託児所が紹介されています。紹介されている託児所は県へ届出を出して掲載も希望した施設ですが、元より託児所の数自体が多い訳ではありません。保育園の充実や幼稚園の保育時間延長、祖父母による保育が可能である等の地域性も背景として関係していると考えられます。

こうした事からも求人を探すとなると、地域の上でも数の上でも限られて難しいと言わざるを得ません。ただ託児所の中には、県内にある多くの保育園や幼稚園が実施していない日曜保育や休日保育に対応している場合もあり、労働の多様化や核家族化に伴い、託児所のニーズが増す事は考えられます。

鳥取県の病児保育の看護師求人

鳥取県には7ヶ所の病児保育施設、12ヶ所の病後児保育施設があり、病児保育施設は鳥取市、岩美町、智頭町、倉吉市、米子市、境港市にあり病後児保育施設は鳥取市、八頭町、倉吉市、琴浦町、大山町、江府町、日野町にあります。

小児クリニックや病院内に併設されている場合が殆どであり、看護師が常駐して子どものケアや保育にあたっています。

最近になって開設された施設もあり、病児保育に対する県内の需要は高く、新規に開設される施設が更に見られる可能性は十分にあります。また、境港市にある病院内保育園での病後児保育では、臨時職員を登録制で採用しています。

市区町村での違い

鳥取県では保育施設の大部分が県庁所在地である鳥取市、県内の主要都市である倉吉市、米子市、境港市に集まっています。中でも鳥取市や米子市にはそれぞれ県内の保育園がおよそ4分の1ずつ集まっていて、幼稚園や病児保育施設等の保育施設も集まっています。

看護師求人を探すのであれば、これらの都市が中心になります。一方、山間部では保育施設が公立保育園だけである等、施設数自体も多くありません。看護師の募集もやはり、少なくなります。それでも岩美町や智頭町、琴浦町、大山町等には病児保育施設や病後児保育施設があり、看護師求人が出される可能性はあります。八頭町には12ヶ所の保育園がありますし、日吉津村の保育園等看護師が常駐している園もあります。