現在私はデイケアセンターという介護施設で働いています。介護施設の看護師ってどんなイメージでしょうか。

私は実際に働き始めるまで、介護スタッフと同じような仕事をして、もし利用者さんの体調がおかしい時に状態を見る程度でそれほど看護師としての経験も技術もいらないんじゃないかと思っていました。

介護施設についてあまり良く知らなかったので、医療行為のあるデイケアセンターと全く医療行為のないデイサービスの違いも分からなかったのです。私が勤務しているデイケアセンターは医療行為のある介護施設です。

胃瘻管理やストーマ管理、CVポートの管理や喀痰吸引やバルン交換など様々な看護処置をしなくてはいけません。しかも、高齢で脳血管障害のある人や複数の疾患を持っている人が多いので利用者さんのちょっとした変化にもすぐに対応できるように常に状態観察をしっかりしないといけません。

なので、あまり経験のない看護師や病棟を経験していない看護師にはちょっと難しい所ですね。

デイ中に痙攣発作を起こす人もいるし、頻回に意識消失を起こす人もいるので初めてうちに勤務した看護師はみんな驚きます。

また、高齢の方や脳の病気で性格が頑固になったり高次脳機能障害の方もいるので、利用者さんの話をよく聞いて要求していることをくみ取ってあげることも重要な仕事の一つです。

医療現場では処置をてきぱきとこなす機敏で仕事のできる看護師が必要ですが、介護施設ではそれに加えて幅広い知識と経験と根気よくお話を聞くことも必要です。

通所施設は夜勤もないし勤務時間も短いので、経験豊かな年配の看護師や育児が落ち着いて看護師として職場復帰するようなひとにも良いかもしれません。

最新の看護技術は学べませんが、様々な体験をして要介護状態にある利用者さんからは、人生の先輩として学ぶことはたくさんあります。

私は今の職場が気に入っているし自分にも合っていると思うので、利用者さんたちと楽しく過ごしながら仕事をしていきたいと思っています。

看護師資格+ケアマネージャー資格で活躍の幅が広がる

高齢化と介護保険制度の広がりでケアマネージャーの役割は大きくなってきています。介護施設には日帰りデイサービスや宿泊の出来る施設など様々な形態があり、それぞれの施設の利用の仕方にもいろいろな方法があってとても複雑です。

そこで、個々のの利用者さんが快適に生活できるよう一番適切な介護サービスを利用してもらうためにはケアマネージャーの存在はとても重要なのです。

ケアマネージャーになる道はいろいろありますが、看護師だった人が転職してケアマネージャーになったという人も少なくありません。

ケアマネージャーになるには試験を受けなければなりませんが、看護師免許を持っていて一定期間の実務経験があると受験資格が得られます。介護の現場でも看護師の経験を持つケアマネージャーは大歓迎です。

ケアマネージャーは利用者さんがより快適に生活できるように個々に合ったプランを立てていきます。その中には医療的なことも含まれていて医師との連携が必要な場合も少なくありません。

そんな時医療に詳しいケアマネージャーなら医師との連携もスムーズに出来て、利用者さんにもっとも適したサービスを提供することが出来ます。

介護施設に勤務しているとケアマネージャーと関わることも多いのですが、看護師の経験のあるケアマネージャーだと医療的なこともよく理解してもらえるのでこちらも助かります。

ケアマネージャーに転職した看護師の中には、夜勤のある交代勤務を敬遠して夜勤のないケアマネージャーを選んだ人もいます。ケアマネージャーなら夜勤のない常勤で看護師と同じかそれ以上の収入を得ることが出来るからです。

夜勤を負担に感じている人は試験を受けたりと少し時間はかかりますがケアマネージャーとして働くという道も考えてみてもいいかもしれません。

ケアマネージャーはこれからますます需要が高まる職業です。看護師という資格を活かして働ける職業としてはケアマネージャーは最適かもしれませんね。