デイケアセンターにおける看護師の役割

高齢化社会が進み介護制度も充実してきて介護施設が増えてきました。日帰りで利用する通所施設もあれば宿泊を伴う施設もあります。そこでは必ず看護師を配置しなければならないので多くの看護師が介護施設で介護スタッフとともに働いています。

では実際にデイケアセンターで看護師はどんな仕事をしているのでしょうか。

まず利用者さんの健康管理。熱や血圧など基本的なバイタルサインを測定して異常の早期発見に努めます。施設では入浴やリハビリなどをするのでその都度注意が必要です。

デイケアセンターには病気や高齢や認知のために体の異常をうまく伝えることが出来なかったり、体に異常をきたしやすい利用者さんが多いのです。

施設には医師が常駐しているわけではないので、利用者さんの体調の変化には看護師が責任を持って観察して判断していかなければいけません。介護スタッフも看護師のことを頼りにしています。

デイケアセンターでは医療行為を行うこともあります。胃瘻の管理やストーマ交換や管理、CVポートの刺入や管理、バルン交換、点滴や採血など多様です。

そういう医療行為が必要な利用者さんは体に器具を装着していたり特別な観察が必要な場合があるので、入浴や排せつの介助を主にする介護スタッフに指導したり観察しなければならないポイントを教えてあげなければなりません。

利用者さんの一番身近にいる介護スタッフも気を付けて観察することによって利用者さんの異常の早期発見につながります。介護デイケアセンターでは看護師は医療指導の役目もあるのです。

デイケアセンターにおける感染予防対策

施設を利用している人は高齢で複数の疾患を抱えている人が多く抵抗力も低下している人が多いです。そんな中で風邪やインフルエンザなどの感染症が流行ってしまうと大変です。

抵抗力が弱いうえ高齢だと様々な合併症を起こしやすく危険です。そうならないためにデイケアセンターではいろいろな感染予防の工夫をしています。

まず、感染予防の大原則である手洗い。施設の玄関にはアルコール消毒のスプレーが置かれ、利用者さんはもちろん介護士も運転手も外部からのお客さんも、とにかく施設に入る人すべての人に消毒してもらうようにしています。

介護士や看護師のスタッフは、一人の利用者さんの介護や処置を終えるとすぐに手洗いして感染防止に努めています。感染は吐しゃ物や便などからも感染するのでその対策も重要です。

行きや帰りの送迎バスの中で嘔吐してしまうこともあるので、送迎車の中には吐しゃ物などをすぐに固めて捨てられる専用の処理剤を常備しておいて感染が広がらないよう処理しています。

また、トイレを使用時に感染しないように頻回に便器や周辺を消毒するようにしています。感染防止に欠かせない使い捨て手袋は施設内のいたるところに置いてあり必要な時にすぐに使えるようにしてあります。

感染予防にはスタッフ教育も欠かせません。風邪をひいていたり体調が悪いまま無理をして仕事をしていて、結果的に施設内に病気を広めてしまうことがあります。スタッフは自分の健康管理をしっかりするのはもちろんですが、時には仕事を休み休養を取ることも必要なことです。

また、利用者さんの家族にも利用者さんの体調が悪い時は施設利用を休みきちんと治療を受け、良くなってから利用再開してもらうように徹底してもらわなければなりません。施設のスタッフ、利用者さんや家族の人たちが情報を共有し、みんなで感染予防に対して意識を強く持ち適切な対策を実施して利用者さんにはいつまでも元気に施設に通ってほしいですね。