見附市立病院の基本求人情報

病院名 見附市立病院
住所 新潟県見附市学校町2丁目13番50号
病床数 94床
看護師数 37人
交通 JR見附駅からバスに乗車して約5分の市立病院前停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 240,000円から
賞与 年2回(3.9ヶ月分)
手当 扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当、特殊通勤手当、寒冷地手当、時間外勤務手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時30分から午前9時15分
休日・休暇 四週八休制、年次有給休暇、夏季休暇(4日)、療養休暇など
福利厚生 各種社会保険など
看護師寮 あり(正職員へ向けた単身用と家族用の寮)
託児所 なし

10対1という看護の体制を目指し、常勤と非常勤を問わず随時のスタッフ募集が出されています。

さまざまな時間帯で勤務するスタッフが求められていて正職員のほか日勤専従や夜勤専従、パートなど多様な勤務形態の希望を相談することができます。

個人個人にとっての働きやすさを追求していることから、子育て中であっても部分休業や夜勤の免除といった支援制度を活用することができます。

フルタイムで勤務する自信がないという場合にも、短い時間でも看護の仕事にかかわるチャンスがあります。

見附市立病院の教育制度

新人教育のガイドラインが設けられていて、新人スタッフに対してはプリセプターが1年間にわたってサポートにあたります。

採用されて4日間は新卒者と中途採用者を問わず研修に参加して、あらたな環境でスムーズに実務を始めることができるようにします。

単にスタッフを育成していくということではなく、仕事を通した自己実現という目標へ向かって歩んでいくという観点での教育プランが考えられています。

院外で行われている研修や学会への参加、進学を希望する場合にもしっかりとしたフォローを受けることが可能です。

見附市立病院の特徴

1983年に立ち上げられた見附市地域医療推進協議会による計画のもと、1992年に見附市立成人病センター病院としてスタートしました。

2006年になって現在の名称へと改められていて、2009年には日本医療機能評価機構Ver5.0の認定を受けています。

診療科としては内科や外科をはじめとして神経内科のほか形成外科、整形外科などといった8科が設けられています。

時代とともに変化を続けている地域へ向けて、福祉分野とも連携しながらの医療が提供されています。