中部ろうさい病院の基本求人情報

病院名 独立行政法人労働者健康福祉機構 中部ろうさい病院
住所 愛知県名古屋市港区港明1丁目10番6号
病床数 621床
看護師数 職員数1,100名、看護職員数550名
交通 車、タクシーを利用する場合
名古屋駅方面より名古屋高速4号東海線「港明」出口を直進、港区役所前交差点を左折(「港明」出口から所要時間約3分)
東海市、大府市方面より名古屋高速4号東海線「木場」出口から木場交差点を直進、つきあたりを右折(「木場」出口から所要時間約5分)
地下鉄を利用する場合
名古屋駅より地下鉄東山線「星ケ丘・藤ケ丘方面行き」に乗車、「栄駅」で名城線「名古屋港方面行き」に乗り換え、「港区役所駅」で下車、1番出口から歩いて約7分(所要時間は約40分)
市バスを利用する場合
金山駅バスターミナル(市バス停留所)8番のりばより系統25(野跡駅または港区役所行き)に乗車、「労災病院前」で下車
車通勤 自宅から病院までの距離が3km以上の場合は可能、月額3,000円の駐車場あり
カルテの種類 電子カルテ
給与 給与モデル)経験5年の看護師314,000円~(学歴・経験などによって加算あり)
賞与 年2回(年間で3.95ヶ月分の実績あり)
手当 昇給年1回、住居手当(上限あり)、扶養手当、調整手当、通勤手当(上限あり)など
勤務時間 病棟3交代制、日勤8:15~17:00、準夜勤15:30~0:15、深夜勤0:00~8:45
休日・休暇 週休2日制、年次有給休暇、産前産後休暇、育児休業、国民の休日特別休暇あり
福利厚生 健康保険、雇用保険、厚生年金、厚生年金基金、労災保険
看護師寮 看護師宿舎あり、ワンルームマンションタイプの院内宿舎
託児所 院内保育所あり、病院敷地内病棟から歩いて1分のところに保育所、月額21,000円

中部ろうさい病院では、愛知県名古屋市南部の地域住民の医療ニーズに対応した高度な医療を提供しており、看護師の中途採用実績もあります。

勤務体制は、3交代制で日勤が午前8時15分から午後5時まで、準夜勤が午後3時半から午前0時15分まで、深夜勤は午前0時から午前8時45分までです。4週8休制で昇給は年1回、賞与は年に2回あります。

また、ワンルームマンションタイプの院内宿舎や病院敷地内に託児所も完備しているので、働きやすい環境が整備されています。

中部ろうさい病院の教育制度

中部ろうさい病院の看護部では、質の高い看護サービスが提供できる看護職員を育成するための教育的環境が整えられています。看護師それぞれの目標や学習ニーズを尊重しつつ、専門職としての主体的な発見を支援しています。

看護師は、クリニカルラダーを用いたキャリア開発プログラムによって、目標管理シートを作成して、個人の課題と組織の課題の達成に取り組んでいきます。

そして、ひとりひとりの看護師が成長に合わせた研修を受けることができます。また、認定看護師取得のための研修派遣制度や奨学金制度もあり、積極的に認定資格を取得することにもチャレンジできます。

中部ろうさい病院の特徴

中部ろうさい病院は、1955年3月に職業病治療、労働災害治療を目的として開院しています。

被災労働者の治療、リハビリテーションなど一貫した労災医療に取り組んでいますが、現在は地域住民の医療ニーズ応えて急性期医療をおこなう総合病院へと医療の幅を広げています。

社会が求めている介護や福祉への協力や地域医療のさらなる充実に加えて、救急体制の充実、災害やがん診療体制の充実、研究機関との連携による高度先端医療の開発などを目指しています。

さらに、生活習慣病の予防にも力を入れているほか、女性医師による「働く女性総合外来」もあります。2008年3月に外来、病棟、管理棟のすべてが完成して、新病院として新たにスタートしています。