東京武蔵野病院の基本求人情報

病院名 一般財団法人精神医学研究所附属 東京武蔵野病院
住所 東京都板橋区小茂根4ー11ー11
病床数 686床(精神科637床、内科・外科・他診療科49床)
看護師数 総職員数459名、看護職員数390名
車通勤 可能、職員用契約駐車場あり(月20,000円程度)
カルテの種類 電子カルテ
給与 月収308,000円~(手当含む)、
経験4年の25歳正看護師の場合、想定年収4,650,000円、月給301,000円
賞与 昇給年1回、賞与年2回(2014年は合計3.89ヶ月分支給)
手当 夜勤手当、残業手当、通勤手当(月額上限50,000円)、住宅手当(世帯主15,000円、扶養ありの場合19,000円、非世帯主の場合6,500円)、家族手当、資格手当、日・祝日勤務手当、年末年始手当、調整手当、特別調整手当など
勤務時間 日勤8:30~17:00(休憩60分)、夜勤16:00~9:00(休憩60分・仮眠120分)
休日・休暇 年間休日120日、4週8休制、産前・産後休業、育児休業、リフレッシュ休暇(7日)、バースデー休暇(2日)、年末年始(6日)、慶弔休暇、有給休暇
福利厚生 健康保険、雇用保険、厚生年金、労災、制服貸与、財形貯蓄制度、職員用駐車場、退職金制度、メンタルケアなど
看護師寮 病院敷地内に女子寮と男子寮があります。
1DKR(洋室6畳)でバス・トイレ付きです。
託児所 院内保育所あり、24時間保育可能(週に1回)

年度によって変動はありますが、毎年およそ30人の看護師採用実績があります。

中途採用者の場合、給与は基本給に加えて経験などによる加算があります。

勤務は2交代制で夜勤があります。4週8休制となっているほか、年末年始休暇が6日、リフレッシュ休暇が7日、バースデー休暇が2日があるなど年間では120日以上の休日があります。

看護師の選考方法は、書類選考、面接試験となっています。

常勤以外にもパート看護師も募集していて、正看護師の場合は時給が2,000円以上ということです。

東京武蔵野病院の教育制度

東京武蔵野病院の看護部では、多様な医療ニーズとさまざまな社会の変化に対応した質の高い看護ケアが提供できるように看護教育にも力を入れています。

精神医学研究所という研究機関を母体としていることから、教育病院としての役割も担っています。

クリニカルラダー制度を導入しており、看護師それぞれが目標に向かって取り組んでいけるように、多彩な教育支援制度もあるので、自分自身の目標によって選択することも可能です。

目標管理面接は定期的に実施されていて、看護の仕事についての目標や夢を常に確認しながら学べる教育体制になっています。

プリセプターがつく院内教育システムのほかにも、ラダーレベルアップのための教育的支援などが充実しています。

東京武蔵野病院の特徴

東京武蔵野病院は、東京メトロ有楽町線、副都心線小竹向原駅から徒歩で約5分のところにあり、スーパー救急という全国的にも少ない病棟を設置していて東京都で中心的な医療を担っています。

スーパー救急病棟の整備は順調に進められており、東京都という立地条件にふさわしい地域医療を提供していく予定になっています。

1928年に開設された東京武蔵野病院は、長い歴史がある病院ということに加えて、近年では精神科急性期治療にも重点を置いています。

また、電子カルテシステムを中核とした医療情報システムを導入しており、医事会計システム、臨床検査システム、看護支援システム、薬局システム、画像管理システム、栄養管理システムなどをネットワークで結んで、情報を集約・共有しています。そして、チーム医療の質の向上を目指しています。