「そろそろ再就職をしたいけど、地元の事しか知らないなぁ」「転職したいけど、地域によってどんな差があるのかな?」

今現在転職を考えている看護師の方も多いと思いますが、他の病院や他の地域の情報は意外と知らないものです。

今回は千葉県船橋市で求人を探している看護師さんにおすすめの病院をピックアップして、その特色やおすすめポイントなどを紹介していきたいと思います。

船橋総合病院

住所 船橋市北本町1−13−1
診療科 外科/内科/整形外科/小児科/皮膚科/神経内科/脳神経外科/耳鼻咽喉科/消化器科/循環器内科/呼吸器内科/麻酔科/眼科/泌尿器科/糖尿病内科/救急科/放射線科/リハビリテーション科/透析科
公式サイト http://www.fgh-carrot.com/

新船橋駅東口を降りて真っ直ぐ東に延びた道の突き当りを北に曲がると、緑が整備された広い歩道になります。

緑が爽やかなその歩道を少し歩くと、駅から徒歩5分程で右手側に大きなマンションの様な建物が見えて来ます。一見すると病院に見えない様な奇麗な建物が「船橋総合病院」です。

新築移転したばかりの奇麗な病院

外観が非常に奇麗ですが、2013年に新築移転したばかりの病院ですので、内部も含めて非常に奇麗な所です。廊下や待合室も広く設計され、働きやすい場所となっています。

24時間体制の託児所完備

託児所が整備されている病院は他でも在りますが、24時間体制と言うのはここの病院の特徴となっています。24時間と言う事で、夜勤が入っても安心して御子様を預けて仕事をする事が出来ます。

また、基本は未就学児が対象ですが、小学生でも夏休み等の長期休暇期間は預かってくれますので、状況に応じて柔軟に対応してくれます。

スタッフ教育の充実

教育プログラムがしっかりと組まれており、新人~中堅・管理者に至るまで、一人一人に合った形で進めるように形作られています。この為、中途で入職しても教育に偏りがないようになっています。

船橋中央病院

住所 船橋市海神6丁目13−10
診療科 内科/小児科/小児外科/外科/整形外科/形成外科/皮膚科/泌尿器科/産科/婦人科/新生児科/眼科/耳鼻咽喉科/歯科口腔外科/放射線科/麻酔科/総合診療・救急科/リハビリテーション科
公式サイト http://funabashi.jcho.go.jp/

西船橋駅より国道14号線を進み、船橋中央病院前のバス停を降りると目の前には白を基調にした病院が見えます。スカイブルーの屋根を持ったこの病院が「船橋中央病院」になります。

学術活動が多く、スキル磨きに良い環境

基幹形臨床研修病院に指定されているだけあって、各種学会認定の教育施設となっています。

診療科目数も非常に多く、自身のスキルを高めたい看護師の方にとっては良い勉強の環境であると言えます。

福利厚生の充実

有休20日を始め、育児休暇・看護休暇・介護休暇など、家族の状況により休暇を発生させられる仕組みが整っています。

家族の変化に対応しやすい有休取得が出来るため、看護師の働きやすい仕組みが出来ています。

アクセスのしやすい立地

JRからは総武本線・武蔵野線・京葉線にて西船橋若しくは船橋駅よりバスで病院前まで通う事が出来ます。

また、東京メトロ東西線や、東武鉄道野田線からも上記の駅へ出られます。更に京成電鉄京成本線の海神駅下車であれば徒歩5分となり、様々な地域からもアクセスする事が可能となっています。

船橋市立医療センター

住所 船橋市金杉1丁目21−1
診療科 呼吸器内科/消化器内科/代謝内科/腫瘍内科/緩和ケア内科/精神科/小児科/外科/消化器外科/乳腺外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/呼吸器外科/循環器内科/心臓血管外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻いんこう科/リハビリテーション科/放射線診断科/放射線治療科/麻酔科・集中治療科/歯科口腔外科/内視鏡部
公式サイト http://www.mmc.funabashi.chiba.jp/

JR船橋駅北口の八角形型の珍しいバスロータリーよりバスに乗り、医療センター前で降りると非常に大きな病院が目の前に在ります。

A~E館がそこに立っており、それぞれが複数階層の為、見た目にも圧倒されそうな建物が「船橋市立医療センター」です。

チーム医療の充実

こちらの病院ではNST(栄養サポートチーム)を始め、褥瘡対策・糖尿病・感染・がんなど、多岐に渡ってサポートチームが展開しています。

その為、それぞれの対策に必要な経験・知識を院内で広く共有することが出来るため、自身のスキルアップや、ミスの事前予防が出来る職場になります。

面会時間が短い

船橋市立医療センターにおいての面会時間は15時~20時で、土日でも13時~20時になっています。

他院と比べて面会時間が少ない分、普段のルーチンワークに割ける時間も増えやすく、時間の管理がしやすい形になります。

市の職員になれる

市立の医療センターですので、公務員扱いになります。やはり医療の世界においても公務員として働ける安心感は大きいものになります。

求人も毎年しっかりと行っていますので、入職する時期は決められているものの、計画を立てやすい職場と言えるでしょう。

まとめ

今回は船橋市の病院をいくつか紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

この地区の病院の特徴としては、千葉の中でも船橋と言えば県外の人でも名前を知っているような知名度が高い所ですので、比較的にどの病院へもアクセスがしやすくなっています。

船橋駅を中心に複数の鉄道会社とその路線が乗り入れており、周辺駅への本数もアクセス方法も複数あるところが多いです。

また、近くに高速道路も走っており、マイカー通勤可能な求人も多いようです。その為、県外の方でも比較的通勤しやすい立地となっています。

求人自体も病院数が多いために数が多く、周辺と比べても託児所や通勤方法、保養所などの整備が進んでいる環境と言えそうです。

さらに東京へも出やすく、新船橋駅には大きなショッピングモールもあるため、仕事が早く終わった日などは買い物やディナーを楽しんでから帰ることが出来そうですね。

今回は3つの病院しか載せていませんが、船橋周辺で転職・再就職を目指している看護師の方にとって有意義な記事であったなら幸いです。