「都会に住みたいけれど、家賃が高いのは困る…」とお悩みの方には、千葉市をおすすめします。千葉市は都会でありながら、東京よりも家賃が安いという特徴があります。

東京とすぐに行き来することができますし、千葉駅周辺には商業施設が充実しているので、利便性が非常に高いです。

東京ディズニーリゾートに最後までいても、最終の電車に間に合うというのも大きなメリットでしょう。

千葉市なら家賃を節約しつつ、都会の暮らしを満喫することができます。そんな千葉市で、看護師さんにおすすめの病院をいくつかご紹介します。

千葉大学医学部附属病院

住所 千葉市中央区亥鼻1丁目8−1
診療科 消化器内科/血液内科/腎臓内科/アレルギー・膠原病内科/糖尿病・代謝・内分泌内科/循環器内科/呼吸器内科/和漢診療科/感染症内科/腫瘍内科/心臓血管外科/食道・胃腸外科/肝胆膵外科/乳腺・甲状腺外科/呼吸器外科/麻酔・疼痛・緩和医療科/泌尿器科/救急科/整形外科/眼科/皮膚科/耳鼻咽喉・頭頸部外科/歯科・顎・口腔外科/形成・美容外科/リハビリテーション科/精神神経科/脳神経外科/神経内科/婦人科/周産期母性科/小児科/小児外科/放射線科/病理診断科/総合診療科
公式サイト https://www.ho.chiba-u.ac.jp/

千葉大学病院バス停で降車し、北西の方角へと進んでいくと、千葉大学医学部附属病院に到着します。

敷地内に足を踏み入れてまず目に入る建物は、ガラス張りの外来診療棟。2014年夏から稼働を始めたばかりの新しい建物です。

ほかにも中央診療棟やひがし棟など、合計で7棟もある非常に大規模な病院です。設備や待遇が充実しているので、看護師さんにとって働きやすい職場でしょう。

メンタルヘルスサポートがあるので安心

看護師という仕事は非常にやりがいがありますが、その反面で精神的なストレスを抱えやすい仕事でもあります。

そこで、千葉大学医学部附属病院では看護師さんのメンタルヘルスサポートに力を注いでいます。

まず部署内での取り組みとしては、プリセプター・シニアプリセプター・教育担当副看護師長などが、新人看護師さんのメンタル面をフォローする体制が整えられています。

部署外でも年に3回ほど個人面談が実施されているので、同じ部署ではない人に相談することも可能でしょう。

加えて臨床心理士さんへの相談窓口もあり、これは新人看護師さんに限らず、全ての職員さんが利用できるようになっています。

しっかりメンタルケアをして仕事に臨みたいと考えている看護師さんには、おすすめの職場と言えるでしょう。

千葉がんセンター

住所 千葉市中央区仁戸名町666−2
診療科 呼吸器外科/呼吸器内科/泌尿器科/整形外科/乳腺外科/脳神経外科/緩和医療科/食道・胃腸外科/肝胆膵外科/消化器内科/頭頸科/精神腫瘍科/婦人科/腫瘍血液内科/漢方外来/形成外科/循環器内科
公式サイト https://www.pref.chiba.lg.jp/gan/

千葉がんセンターバス停で下車すると、道路を渡ったところに茶色い建物が見えます。これが千葉がんセンターです。経験者採用の給与は322,000円、賞与は1,138,000円です。

産前産後休暇や育児休暇、育児短時間勤務制度、24時間対応の保育所などがあるので、子育てと看護師の仕事を両立させやすいでしょう。

正職員は研修費用を負担してもらえるので、スキルアップもしやすいはずですよ。

レジャー好きの看護師さんには嬉しい制度

千葉県といえば、東京ディズニーリゾートが有名ですね。千葉がんセンターでは福利厚生の一環として、東京ディズニーリゾートを含む県内入園施設の利用が助成される制度があります。

これ以外にも、観劇やスポーツ観戦も助成を受けることができます。休日は積極的におでかけをしたいという看護師さんには、ぴったりの職場ではないでしょうか。

千葉市立青葉病院

住所 千葉市中央区青葉町1273−2
診療科 内科/精神科/神経内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/小児科/外科/整形外科/産婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/皮膚科/泌尿器科/眼科/耳鼻咽喉科/歯科
公式サイト https://www.city.chiba.jp/byoin/aoba/aobatop.html

市立青葉病院バス停で下車すると、すぐそばにベージュ色の建物があります。これが市立青葉病院です。青葉病院では看護師経験が10年以上で大卒の人の場合、初任給は325,967円となっています。

現在千葉市では給与の減額措置をしているものの、給与とは別に通勤、扶養、住居、時間外勤務、期末・勤勉、特殊勤務など、多種多様な手当が用意されています。

産休・育休もあり、男性看護師でも育児参加休暇を取得することができます。ただ千葉市の職員として求人されるので、青葉病院以外の病院に配属される可能性もあるという点に注意しましょう。

男性看護師も活躍できる

採用試験では、男性看護師が女性看護師よりも不利になりやすい傾向がありますが、千葉市立の病院では男性看護師も積極的に採用しています。

男性看護師の数は女性看護師の数に比べるとまだまだ少ないものの、少しずつ増えてきており、悩みを共有して支えあっています。看護師の仕事には力仕事が多いですから、今後も男性看護師の需要は高まっていくでしょう。

看護師として活躍したい男性や、男性もいる職場で働きたいという女性看護師さんには、青葉病院がおすすめです。

柏戸病院

住所 千葉市中央区長洲2丁目21−8
診療科 一般内科/循環器内科/神経内科/呼吸器内科/消化器内科/糖尿病内科/一般外科/消化器外科/肛門外科/整形外科/眼科
公式サイト http://www.kashiwado.com/

柏戸病院バス停で下車し、道路を渡って南東に少し歩くと、曲がり角があるので曲がります。そのまた次の角で右折すれば、柏戸病院に到着です。柏戸病院の建物はとても大きく、駐車場も広い病院です。

看護師さんの給与は経験によって決定され、年に1回昇給があります。教育制度が整っているので、スキルアップすることができるでしょう。

子持ちやブランクのある看護師さんが復帰しやすい環境

柏戸病院は子持ちの看護師さんが復帰しやすい環境が整っており、産休・育児休暇を取得した看護師さんは、全員が職場に復帰しています。

時短勤務制度があり、勤務時間は9:00〜16:00、10:00〜17:00のいずれかを選択することができます。また復職支援セミナーも年に2回開催されているので、ブランクのある看護師さんでも再就職しやすいですよ。

年に2回開かれる中途採用看護師懇親会は、看護師さんから大変好評です。中途採用でも馴染みやすい環境と言えるでしょう。

井上記念病院

住所 千葉市中央区新田町1−16
診療科 内科/外科・消化器外科/乳腺外科/整形外科/皮膚科/泌尿器科/眼科/放射線科/リハビリテーション科/循環器内科/消化器内科/血液内科/糖尿病内科/呼吸器内科/肝臓内科/生活習慣病内科/神経内科
公式サイト http://www.inouemh.or.jp/

京成線千葉中央駅で下車後、西口から駅を出ます。「ソル・マリアッチ」というお店のある角で左折し、その次の角では右へ。そのまままっすぐ歩いていくと、井上記念病院にたどり着きます。

ベージュ色の建物で、ほぼ真四角な窓が並んでいるのが特徴的です。この病院では看護師の研修体制がしっかりと整っているため、ブランクのある看護師さんも積極的に受け入れています。

託児所「どんぐりハウス」があるほか、保育所の利用補助もあるので、子育て中の看護師さんでも働きやすいでしょう。

冷暖房完備の寮や家族も利用できる保養所などもあり、福利厚生が充実しているのがわかります。

融通の利く職場環境なので、ライフスタイルに合わせた働き方が可能

井上記念病院には、多様な勤務形態があります。病院で看護師として働く以上、夜勤を避けることは難しいですが、井上記念病院なら夜勤なしで働くことも可能です。

子育て中の看護師さんや、子育て経験者の看護師さんが多いので、子どもが急に熱を出して休まなければならなくなっても、周りの人たちが親切にフォローしてくれるでしょう。

このように融通が利く職場環境なので、ライフスタイルに合わせた働き方を実現することができます。

まとめ

以上、千葉市内で看護師さんにおすすめの病院をご紹介しました。

千葉市の病院は育休・産休以外にも、院内保育所や保育所の利用補助など、仕事と子育てを両立させる制度が整っているところが多い傾向が見られました。

ちなみに病院だけではなく、千葉市も子育ての支援に力を入れています。また、将来子どもが東京の大学に進学することになっても、千葉市に住んでいれば自宅から通学することが可能でしょう。

以上の理由から千葉市は、子育て中の看護師さんや、将来子どもが欲しいと思っている看護師さんには、非常におすすめのエリアです。