仕事の合間に一息ついたとき、美しい景色でリフレッシュできたら素敵ですよね。鹿児島市内の病院ならそれが可能です。鹿児島には桜島があり、市内のどこからでも眺めることができます。

桜島は活火山ですので当然噴火してしまうこともありますが、それでもなお多くの人が鹿児島市に住み続けているのは、それを補って余りあるほどの魅力を持つ街だからでしょう。

今回は、鹿児島市内で看護師さんにおすすめの病院を紹介していきたいと思います。

今給黎総合病院

住所 鹿児島県鹿児島市下竜尾町4番16号
診療科 気管食道・耳鼻いんこう科/神経内科/脳神経外科/歯科/歯科口腔外科/眼科/整形外科/リハビリテーション科/形成外科/皮膚科/内科/循環器内科/消化器内科/呼吸器内科/呼吸器外科/外科(消化器/乳腺/内分泌/小児/肛門)/泌尿器科/産婦人科/小児科/新生児内科/内科/糖尿病内科/血液内科/放射線診断科・放射線治療科/麻酔科/病理診断科/在宅診療科/在宅医療部/緩和医療科/救急科/セカンドオピニオン外来
公式サイト http://imakiire.jp/

桜島桟橋通駅で下車後、北西の方角へ進んでいきます。そして「さつま仙人庵」のある角で右折すれば、今給黎総合病院に到着です。

今給黎総合病院はがん治療に注力しており、2012年には地域がん診療連携拠点病院に認定されました。

2020年には新築移転する予定があるため、転職すればきれいな設備で働くことができるでしょう。給与は経験年数が4年の看護師さんの場合、259,700円ほどです。

なお、中途採用の求人は常に出ているわけではないので、こまめにチェックしておく必要があります。

PNSを導入している

今給黎総合病院では、PNS(パートナーシップナーシングシステム)を導入しています。PNSとは、看護師がペアを組んで看護を提供するという新しい看護方式です。

PNSを導入したことによって、知識不足をお互いに補い合ったり、安全な看護を提供できるようになったほか、看護師同士のコミュニケーションの活性化や残業時間の減少など、さまざまな成果が得られています。

この新しい看護方式に魅力を感じる看護師さんは、今給黎総合病院に転職してみてはいかがでしょうか。

鹿児島大学病院

住所 鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8丁目8−35−1
診療科 内科/てんかんセンター/下垂体疾患センター/外科/脳神経外科/心身医療科/泌尿器科/神経科精神科/小児科/小児外科/産科・婦人科/整形外科・リウマチ外科/皮膚科/眼科/耳鼻咽喉科・頭頸部外科/放射線科/麻酔科(ペインクリニック)/リハビリテーション科/女性専用外来/遺伝カウンセリング室
公式サイト http://com4.kufm.kagoshima-u.ac.jp/

大学病院前バス停で降りると、すぐそばに鹿児島大学病院があります。鹿児島大学病院は鹿児島県内で唯一の特定機能病院であり、難治性疾患を抱える県民の最後の砦としての役割も担っています。

中途採用の正社員の求人が出ることは少ないかもしれませんが、非常勤職員として勤務することで、勤務成績によっては無期雇用職員になれる制度があります。

大学病院なだけあって教育体制が整っており、専門・認定看護師を目指すことも可能です。

職場復帰支援も行っており、採血や静脈確保のほか、電子カルテの演習などの教育が受けられるので、ブランク期間の長い人でも業務になじみやすいでしょう。

男性看護師が増えてきている!

まだまだ女性が多い看護師業界ですが、鹿児島大学病院では、在籍する男性看護師さんの人数が徐々に増えてきています。

看護師さんは力仕事が多いお仕事ですし、男性患者さんの中には、女性看護師さんには打ち明けづらい悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

男性看護師さんのニーズは、今後さらに高まっていくでしょう。男性看護師さんや、女性ばかりの環境が苦手な看護師さんは、鹿児島大学病院に転職するといいかもしれません。

南風病院

住所 鹿児島県鹿児島市長田町14−3
診療科 内科/糖尿病・内分泌内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科/腎臓内科・人工透析内科/神経内科/肝臓内科/ペインクリニック内科/緩和ケア内科/外科・消化器外科/脳神経外科/整形外科・小児整形外科/放射線科/麻酔科/病理診断科
公式サイト http://www.nanpuh.or.jp/

桜島桟橋通駅で降り、北西の方角へと歩きます。すると冷水街道に入る手前のところに、南風病院が見えてきます。南風病院は手術支援ロボット「ダヴィンチ」など、高度な医療機器を揃えている病院です。

看護師さんの採用試験では、書類選考と面接が実施されます。

基本給は4年制の大学・専門卒の人は206,000円、3年制の短大・専門卒の人は200,100円となっていますが、中途採用者は経験によって加算されるでしょう。

独身者の場合、男女ともに寮へ入居することが可能です。

中途採用プログラムを実施

南風病院では、中途採用の看護師さんを対象とした研修プログラムを用意しています。転職後1ヶ月目は導入期として、先輩と一緒に動くシャドウ研修に取り組みます。

2ヶ月目の訓練期には、リーダーのサポートを受けつつ部屋担当に入ります。そして夜勤準備期にあたる3ヶ月目は、先輩と一緒に動き、夜勤のリハーサルを行います。

研修は部署ラダーに沿って習得状況を確認しながら進めていくため、自分のレベルに合わせてステップアップしていくことができるでしょう。

即戦力を期待されるのがプレッシャーという看護師さんでも、南風病院ならなじみやすいのではないでしょうか。

米盛病院

住所 鹿児島県鹿児島市与次郎1丁目7番1号
診療科 整形外科/救急科/外科/脳神経外科/心臓血管外科/循環器内科/呼吸器内科/放射線科/小児科/産婦人科/リハビリテーション科/リウマチ科/麻酔科
公式サイト http://www.yonemorihp.jp/

共月亭前バス停で降りると、「坂本龍馬新婚の旅碑」の向こうに米盛病院があります。米盛病院は、ドクターヘリを導入している病院です。

看護師さんの基本給は大卒で224,000円ですが、経験やスキルによって加算されるでしょう。年に1回昇給し、賞与は年に2回あります。夜勤は月に4回ほど。

有給休暇の取得を推進しているため、連休を取得することが可能です。取得率100%の育児休業は、子どもが1歳になるまで取得できます。

24時間保育を実施している保育施設があるため、仕事への復帰もしやすいでしょう。

米盛ラーニングセンターが開設されている!

米盛病院では向上心のある看護師さんを募集していることもあり、米盛ラーニングセンターを開設しています。

米盛ラーニングセンターとは、体験型の学習ができる施設です。講堂や講義室のほかに、病棟や手術室のシミュレーションルームが完備されています。これにより、実践に近い方法で学ぶことができるでしょう。

また、インストラクショナルデザイナーの資格を持ったスタッフが在籍しているため、看護師さん一人ひとりにマッチした教育を受けることが可能です。

教育設備の整った病院でスキルアップしたい看護師さんには、ぴったりの職場と言えるでしょう。

まとめ

鹿児島市内で看護師さんにおすすめの病院を紹介させていただきました。気になる病院はあったでしょうか?

鹿児島市には、鹿児島県内に存在する病院が集中しているということもあり、看護師さんにとって魅力的な勤務条件を整えている病院がたくさん見られました。

収入は全国的に見ると少し低めですが、それでもほかの職種の同年代の女性と比べると、かなりの高収入と言えるでしょう。

中途採用者向けの研修を実施している機関が多いエリアでもあるので、結婚・出産・子育てなどでしばらく看護職から離れていた人でも、復職しやすいのではないでしょうか。

勤務条件を重視する看護師さんや、ブランク期間が長いことで悩んでいる看護師さんには、鹿児島市内の病院をおすすめします。