療養型病院や慢性期病棟では患者さんの症状が比較的落ち着いていて、継続的なケアで安定した状態をキープすることが重要です。

そのため看護師の求人募集においても、患者さんの状況についてしっかり把握して行動することが求められています。

特別に専門的なスキルが常に要求されるというわけではなく、キャリアとしては必ずしも同様の部門で勤務した経験がなくても、採用面で不利になるということはありません。ただ実際に経験があれば、当然考慮されるところはあります。

やりがいを求めて転職する看護師さんも

それぞれの患者さんとしっかり向き合うことのできる現場でもあり、看護を通じて信頼関係も深めていくことができます。また医師よりもむしろ看護師が患者さんの状態についてよく理解しているということで、看護師の担っている役割が大きなものになっているのです。

日々の状態について観察しながら看護計画も随時変更していくことに加え、何らかの急変が起こる予兆についても読み取り、必要があれば医師に対してアドバイスをするといったケースもあります。

医師にとっても看護師の意見や判断が重要な尺度となるところが多く、看護師の裁量が大きいという点もモチベーションにつながる要素です。これを理由に転職を希望する看護師さんも多いです。

ただ急性期医療のように最先端の医療行為が次々と取り入れられているというわけではありませんから、そういった医療行為にかかわりたい、さまざまな手技を覚えていきたいという希望がある場合には意に沿わない可能性もあります。

仕事とプライベートを両立させたい方におすすめの求人

急性期看護に比較すると仕事とプライベートを両立させやすい要素もあります。そういったことから家庭の事情を理由として医療現場を離れていた人であっても、十分にそのブランクを埋めることは可能です。

募集要項でもシフトなどに関する希望について最大限考慮するとしている募集元は多く、私生活の充実を図ることができます。

ただし患者さんの状態に応じて安定している人が多ければ業務上でもある程度余裕がある一方、症状の重い人が多い場合や急変が起こったようなときには残業などが生じることがやむを得ません。

それでも総じて残業は多くありませんから、個々の時間は大切にすることが可能です。職場によっては、残業ゼロを目標として掲げているケースもあります。

体力や企画力が必要な場面も

具体的に担当する業務として示されている内容は食事や入浴の介助、寝具の交換などといったように日常面でのケアが中心となっていて、そのほかに急変があったときの応急対応などもあります。

とはいっても寝たきりの状態でいる患者さんも少なくありませんから、相応に体力もなければなりません。体圧の分散やおむつの交換といった業務に関してはかなりの力も必要であり、場合によっては腰痛などに悩まされるということにもなりかねません。

障害があるためにスムーズな意思の疎通をすることができないような患者さんもいるため、何らかのサインから求められていることを読み取る必要もあります。

そのほか患者さんの生活にメリハリをつけるという意図から、レクリエーションなどといったイベントも活発に行われていて、看護師がその企画を出している場合も多くあります。

求人傾向と看護師としての将来性

昨今は長期間にわたる入院が必要とされている患者さんも多いことから、慢性期に対応している病院や療養型病院などによる看護師の求人募集も目立つようになってきています。

職場情報としてはスタッフ同士での人間関係が良好であるとしている場合が多く、看護業務としての性質もあって比較的人間的にもおだやかなところのあるスタッフが集まる傾向も見られます。

なお療養型病院や慢性期病棟などではルーティンワークが多いということで、スキルアップやキャリアアップの面では多くを望むことができないのではないかという印象が持たれているところもあるのですが、必ずしもそのようなことはありません。

感染症や褥瘡などのケアにかかわることも多くありますから、認定看護師や専門看護師といった資格を取得することで十分にその知識や技術を活かすことができます。