沖縄県立八重山病院の基本求人情報

病院名 沖縄県立八重山病院
住所 沖縄県石垣市字大川732番地
病床数 288床
看護師数 看護師数は192名で総職員数は約340名、
看護体系は10対1という状況です。
交通 空港から車で約25分
石垣港離島ターミナルより約12分
車通勤 可能。車通勤を希望している人は月額800円の職員用駐車場を利用できます。
カルテの種類 電子カルテ
給与 経験年数10年以上の場合は日額12,000円、経験年数10年未満の場合は日額10,200円
賞与 無し
手当 通勤距離が2km以上の場合は通勤通勤手当が支給されます。
勤務時間 午前8:00~午後4:30で、間で45分間の休憩あり。
4時間勤務という半日勤務のほかに、部署によっては時差出勤という勤務方法を実施しています。
休日・休暇 原則的に週休2日
福利厚生 年次有給休暇制度に加えて、健康保険、厚生年金などの社会保険や雇用保険もあります。
看護師寮 病院から約5分のところに単身者用の看護師宿舎があります。
託児所 院内託児所はありませんが、保育園が近くにあります。

沖縄県立八重山病院の看護師は192名で看護体系は10対1という状況です。チームナーシング受け持ち制という看護方式を実践しています。

看護職員数の推移は、2008年が186名、2009年が189名、2010年が188名、2011年が189名、2012年が197名、2013年が189名となっています。

沖縄県立八重山病院では、看護師と准看護師に求人募集が出されています。採用形態は、看護師、准看護師ともに年度ごとに更新が必要な「嘱託員」となっています。4月1日から翌年の3月31日までが年度であり任用期間となっています。この年度ごとに更新が必要になります。

八重山病院の看護師の給料は、10年以上看護師経験がある場合で日額12,000円ということです。看護師経験年数が10年未満という場合は、日額が10,200円となります。

また准看護師の給料は、10年以上看護師経験がある場合、日額9,400円となっていて、看護師経験年数が10年未満の場合は日額8,100円です。

半日勤務が可能ですが、半日勤務の場合、給料は日額の50%になります。なお、給料の支払い日は毎月10日で、翌月払いです。また、賞与はありません。

沖縄県立八重山病院の教育制度

八重山病院では、看護職員教育として新卒の看護師だけでなくベテランの看護師についても教育の実施、実践能力に合わせた研修などをおこなっています。

八重山病院で働き始めると、まず総合教育として基本的オリエンテーションを実施しています。3年目には看護師研修として問題解決ができる手法を学べます。また、自分も相手も守るためのCVPPP研修もおこなわれており、看護技術教育も実施しています。

そして、看護補助者にも定期的に研修を実施していて八重山病院の教育制度は充実しています。さらに、県立病院教育基準に基づいた教育プログラムはもちろんのこと、認定看護師育成研修費制度や助産学科などで学ぶために休業できる自己啓発休業制度もあります。

沖縄県立八重山病院の特徴

沖縄本島から南西におよそ410km地点にある沖縄県立八重山病院は、32の島々から成り立っている八重山諸島にある中核病院です。八重山病院は、1949年7月9日開設され、現在の稼働病床数288床、医師を含めた職員総数は約340名という病院です。

この地域で総合的な治療ができる唯一の病院なので、周辺の島や海域などからヘリコプターによる救急患者の受け入れもおこなっています。海上保安庁がヘリコプターの急患搬送を担当していますが、八重山病院の医師が高い確率で添乗しています。このように海上保安庁との協力によって救急医療をおこなっているのが八重山病院の特徴のひとつです。

病院内には診療科が16科あり、住民のニーズに応えられるような体制を整えています。MRIやCTのほか、心血管撮影装置、乳房撮影装置などの医療機器も揃っています。

西表島の東部と西部、小浜島と波照間島の4カ所の付属診療所や近隣にある診療所の支援も実施していて、地域に密着し地域で完結する急性期医療の充実を目指しています。

安心で安全な医療サービスを実現し、地域の全ての人々に満足してもらえるように、科学的根拠に基づいた医療を八重山医療圏に提供し続けているのが八重山病院です。