神奈川県立こども医療センターの基本求人情報

病院名 神奈川県立こども医療センター
住所 神奈川県横浜市南区六ツ川2-138-4
病床数 419床
看護師数 560人
交通 京浜急行線弘明寺駅かJR東戸塚駅からバスに乗車しこども医療センター停留所で下車
車通勤 不可
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給4大卒231,000円、3年卒220,000円、2年卒211,000円
賞与 年2回
手当 夜間特殊業務手当、夜間勤務手当、住宅手当、通勤手当、時間外勤務手当、専門看護手当など
勤務時間 三交替制、緊急外来と一部病棟で二交替制
休日・休暇 年次休暇(20日)、夏季休暇(5日)、産前産後休暇、慶弔休暇など
福利厚生 地方公務員等共済組合法、地方公務員災害補償法、育児短時間勤務など
看護師寮 あり(独身寮、借り上げアパート)
託児所 あり(1歳から就学前までを対象に週2回程度の24時間保育)

年次採用について

常勤職員の採用は神奈川県立病院機構によって行われていて、勤務希望があれば直接の選考試験で採用されます。試験は年度ごとに、複数回の実施予定があります。

常勤職員以外の募集

●非常勤職員の募集
週に4日程度の勤務となり、夜勤も含めて1週間につき29時間の勤務時間です。給与は月給制で、155,800円から206,800円となっています。

●契約職員の募集
1週間につき38時間45分の勤務であり、夜勤への対応もあります。月給は、168,630円から336,820円です。

●夜勤専従の非常勤職員
勤務時間は1週間で29時間未満となり、週に1回から3回の勤務です。給与は準夜勤で日額が16,090円から20,290円、深夜勤で日額が17,040円から21,390円となります。

神奈川県立こども医療センターの教育制度

キャリア形成の支援

入職してからスタッフそれぞれで主体的に学習していくことができるよう、段階的に研修を組み立てます。その基盤は神奈川県立病院看護指針であり、個人と組織で相互作用が期待されるシステムが整えられています。

クリニカルラダー

5段階の設定となっていてステップIで安全かつ基本的な看護を身につけチームメンバーとして役割も果たし、ステップIIでメンバーシップも発揮しつつ患者さんに必要で根拠にもとづく看護を実践していきます。

ステップIIIが1人前の看護師として位置づけられていて対応に応じたアセスメントや個別性のある看護実践が可能となり、チームリーダーの役割を理解しながら自己の役割や責任も果たすということになります。

専門病院として

母子看護の専門性を高めていく目的で2年間という研修期間のエキスパートコースが設けられていて講義のほか演習、ケーススタディ形式という内容になっています。

また院内研修に加えて院外や看護協会で実施されている研修への参加、大学院への就学なども支援しています。

神奈川県立こども医療センターの特徴

1970年に、小児専用病院としてスタートしました。こども専用病院に加えて肢体不自由児施設、重症心身障害児施設という3つの施設があります。

総合医療福祉施設として、医療と福祉が一体となって提供されています。また母子病棟や新生児病棟が備えられていて、総合周産期母子医療センターとしての機能も担っています。