埼玉県立精神医療センターの基本求人情報

病院名 埼玉県立精神医療センター
住所 埼玉県北足立郡伊奈町小室818-2
病床数 183床
看護師数 222人
交通 埼玉新都市交通丸山駅から徒歩約8分、JR高崎線上尾駅からバスで約15分、JR宇都宮線蓮田駅からバスで約15分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給206,000円から
賞与 年2回
手当 夜勤手当、期末勤勉手当、時間外勤務手当、扶養手当、住居手当、通勤手当、地域手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時から午前9時30分
休日・休暇 4週8休、年次有給休暇、産前産後休暇、夏季休暇、年末年始休暇、結婚休暇(7日)、忌引き休暇、育児休暇など
福利厚生 埼玉県共済組合、退職金制度(勤続6ヶ月以上)、宿泊補助、被服貸与など
看護師寮 あり(全室個室で冷暖房完備)
託児所 あり

年次採用の状況

毎年度、採用試験が実施されています。募集定員に達するまで、追加募集も出される機会があります。

中途募集の状況

採用試験の内容としては適性検査や身体検査に始まり、小論文試験のほか筆記試験も経て面接試験へ至るようになっています。給与に関しては、所定の金額に加えて経験や資格も含めた査定がなされます。

埼玉県立精神医療センターの教育制度

新人教育の枠組み

採用と同時にスタートしておよそ3ヶ月にわたり集団研修や日勤業務を行う中で公務員、医療人として基礎を考えながら職場環境へ慣れていきます。1人で日勤業務をこなすことができるようになってから、夜勤業務も担当することになります。

現場での実務教育についてはプリセプター制がとられていて先輩からノウハウを指導され、患者さんの安全や看護上必要なことについても理解を深めていきます。

そのほかにも継続的な院内研修が実施されていて仕事をする上でのフォローアップとなりますし、系列5病院による合同で実施される研修などさまざまなスキルアップの場があります。

継続教育の機会

各自が自分に必要であると考える目標を明確にして、段階的なステップアップを実現させるべく自主的に能力を引き上げるよう学びます。

院の内外で行われる研修や資格取得に必要な教育課程への参加などもすすめていて、目標の実現を支援するということでやりがいがサポートされています。

また、看護管理者、専門看護師などといったコースがあります。部門の管理へ向かっていきたい場合や専門性を突き詰めたい場合にも、意向と沿う研修が用意されています。

埼玉県立精神医療センターの特徴

精神科専門病院として1990年以来重度の精神疾患がある患者さんを受け入れていて、治療が難しい症例にも対応しています。救急部門や思春期部門、医療観察法病棟などそれぞれの状況に応じた適切な医療が提供されるように部門をこまかく分けています。

疾患があれば埼玉県内だけでなく、遠く県外からの治療希望にも応じています。その中にあっても地域とのかかわりは大切にしていて、患者さんが社会復帰するにあたっては支障がないよう細心の注意を払っています。