宮城県立拓桃医療療育センターの基本求人情報

病院名 宮城県立拓桃医療療育センター
住所 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字鹿乙20
病床数 120床
看護師数 77人
交通 宮城交通バスに乗車し秋保温泉湯元停留所で下車して徒歩約3分、仙台市営バスに乗車し湯向停留所で下車して徒歩約4分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給188,900円から
賞与 年2回
手当 地域手当、扶養手当、通勤手当、住居手当、夜勤手当、期末手当、勤勉手当、時間外勤務手当、夜間看護手当、夜勤手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 4週8休、年次有給休暇、夏季休暇、子の看護休暇、年末年始休暇、育児休暇など
福利厚生 宮城県共済組合、宮城県職員互助会、退職金制度、被服貸与、休憩室など
看護師寮 あり
託児所 あり(保育所)

年次採用

年度ごとに、新規職員を受け入れています。一度の募集で定員に満たなければ、追加募集も行われています。

中途募集

人員の状況に応じて経験者の採用も実施されていますが、不定期のものであるため情報はホームページなどで逐次確認する必要があります。

勤務形態などは年次採用の職員と変わりませんが、給与は宮城県職員の給与規定にもとづき経歴も鑑みての加算対象となります。

宮城県立拓桃医療療育センターの教育制度

新人研修からスタートして現場ではプリセプターによる実地指導が行われる中で日々の業務、あるいは患者さんである子どもたちや家族とのかかわりから目指すべき姿を考えて目標設定します。

そこからクリニカルラダーを活用しつつ、専門職として成長していくための支援があります。

専門性を高める現任教育

継続的に院内外で行われている研修や学会へ参加することができ、各種の資格取得を目指すにあたってもサポートが整えられています。

ジェネラリストのほか現場教育者や実習指導者、また看護管理者などとして役割を遂行する能力も高めていくような学習機会があります。

また、患者さんが障害のある小児であり、業務中にはさまざまな危険が感じられる場面もあります。そのため危険の予知や回避に関して、認識を高めるための教育も行われています。

宮城県立拓桃医療療育センターの特徴

1955年に、宮城県整肢拓桃園として設立されました。医療機関としてだけでなく入所施設としての機能も持っていて、障害のある子どもたちは治療とともに療育も受けることのできる環境があります。

子どもたちが問題なく家庭へ戻ることができるよう、リハビリテーションに力を入れています。それとともに基本的な学習が中断されないよう、学校教育を受けることのできる環境も確保しています。