長野県立木曽病院の基本求人情報

病院名 長野県立木曽病院
住所 長野県木曽郡木曽町福島6613-4
病床数 一般207床、療養48床、感染症4床
看護師数 140人
交通 JR中央西線木曽福島駅から徒歩約20分、バスに乗車し木曽病院停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給203,200円から208,800円
賞与 年2回
手当 通勤手当、扶養手当、住居手当、寒冷地手当、超過勤務手当、夜勤手当、阿南・木曽特別地域手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜0時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇(20日)、療養休暇、夏季休暇(5日)、結婚休暇(7日)、忌引休暇、介護休暇、育児休業など
福利厚生 地方職員共済組合、雇用保険、赴任経費支給など
看護師寮 あり(敷地内と隣接地に1K40戸の看護師用宿舎、徒歩20分以内に10戸の家族用宿舎)
託児所 あり(院内保育施設で0歳から3歳に対応)

欠員の発生状況などに応じ、随時の募集が行われています。採用については、長野県立病院機構による一括で担当されているケースが多くなっています。

勤務形態

新年度採用を除いては、年度途中から勤務が開始することになります。非常勤職員については、任用期間が1年間となっています。

就業にあたっての条件

非常勤の場合は給料が日額で9,600円となっていて、原則として土曜日と日曜日が休日です。そのほかパートや夜勤専従などといった働き方についても相談することができますから、ライフスタイルに合わせた勤務を模索することが可能です。

長野県立木曽病院の教育制度

基本は、長野県立病院機構キャリア開発ラダーにもとづいたものとなっています。その柱は新人研修と看護実践能力を向上させるための研修、専門研修に分かれていてそれぞれ自発的に能力を高めることのできる支援が整えられています。

新人教育ではプリセプター制度を導入していて、チームの全員で学習についてサポートしながらあせらず丁寧に学ぶことのできる指導が行われています。

その後も各自のキャリアに応じて院内だけでなく看護協会、全国自治体病院協議会などが主催する研修に参加することが可能です。

さらに、認定看護師などの資格を取得するにあたり、サポート体制も充実しています。教育費を支援するなど、勉強しやすい環境が整えられています。

長野県立木曽病院の特徴

1964年に、へき地医療対策の一環として開設されました。医療過疎地において、中核病院として機能しています。

1次から2次、急性期から慢性期までさまざまなニーズに合わせた医療が提供されています。木曽地域で病床を持つ唯一の医療機関ということもあり、県によるサポートのもとで積極的に最新の医療機器を導入するなどしています。

高齢者医療への取り組みに重点的に力を入れていて、木曽介護老人保健施設「アイライフ」を併設しています。また、高齢者を対象にした療養病棟も備えられています。