むつ総合病院の基本求人情報

病院名 一部事務組合下北医療センターむつ総合病院
住所 青森県むつ市小川町1丁目2番8号
病床数 434床
看護師数 337人
交通 JR下北駅から徒歩約30分
車通勤
カルテの種類 紙カルテ
給与 基本給188,900円から
賞与 年2回
手当 夜勤手当、夜間看護等手当、扶養手当、通勤手当、住居手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時15分から午後5時、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 年次有給休暇、夏季休暇(3日)、結婚休暇、出産休暇、忌服休暇など
福利厚生 社会保険、労働者災害補償保険、病院賠償保険など
看護師寮 なし
託児所 なし

継続的な採用活動

スタッフについては、随時の募集が行われています。採用選考として、小論文と面接が実施されています。

臨時職員の採用

応募にあたっての条件として、三交替制の勤務が可能でなければなりません。任用期間は6ヶ月までとなっていますが勤務状況を鑑みて更新される可能性もあり、給料は日額にして7,564円から10,354円で設定されます。

臨時職員登録について

指定の履歴書を提出すると、臨時職員希望者として登録されます。臨時職員の必要が生じたときにはその登録者から書類選考が行われ、通過すると面接試験に関する連絡があります。

むつ総合病院の教育制度

新人スタッフの教育

プリセプター制度が導入されていて、1人の新人に対して1人の先輩が担当するマンツーマンの形式で教育が行われています。プリセプターが不在である際には、配属されているチームの全体によるバックアップもあります。

キャリア開発の内容

クリニカルラダーにもとづく教育が進められていき、キャリアの3年目までがレベルIの初心者として分類されています。その後のキャリア形成期間も3年ごとが目安とされていて一人前となるレベルIIからレベルIIIの中堅、レベルIVの達人を目指していく中ではそれぞれのペースで学んでいきます。

むつ総合病院の特徴

古く1874年に設立された私立病院済衆社田名部分院が、その前身です。その後1960年にむつ市が誕生したことにともない市立むつ病院と改称され、総合病院としての名称使用は1969年に認められています。

確固たる信頼を得るべく良質で高い満足度につながる医療が提供されているとともに、接遇などにも力を入れています。

地域から医療へ求めているニーズにもしっかり対応していて、高齢化が進む上で変化している疾病構造や医療の高度専門化などにも取り組んでいます。