遠別町立国保病院の基本求人情報

病院名 遠別町立国保病院
住所 北海道天塩郡遠別町字本町1丁目3番地
病床数 36床
看護師数 15人
交通 留萌市から沿岸バスに乗車して約2時間の遠別営業所前停留所で下車して徒歩約1分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給136,700円から172,200円
賞与 年2回(3.85ヶ月分)
手当 夜間看護手当(1回につき7,200円)、時間外勤務手当、扶養手当、住居手当、通勤手当、寒冷地手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時15分から午後5時、夜勤午後4時30分から午前8時45分
休日・休暇 週休2日制、年次有給休暇(20日)、特別休暇など
福利厚生 市町村職員共済組合、退職金制度、看護師就労奨励金交付制度、看護師住宅用備品無償貸付制度など
看護師寮 なし
託児所 あり(幼児センター)

常勤職員の募集

欠員の状況などに合わせて随時の職員募集が行われていて、夜勤を含めて常勤スタッフとして勤務する職員が求められています。

希望があれば応募はいつでもすることができるようになっていて、看護師免許以外に必要とされる条件はありません。

臨時職員の募集

スタッフの充足状況に応じて募集が出される場合もあり出勤する日数や時間についても相談することができ、パートなどといった非常勤での勤務も問い合わせることが可能となっています。

パートですと給与は時給や日給で計算されますが、夜勤に対応した場合は別に夜勤手当も支給されます。

遠別町立国保病院の教育制度

地域と密接に結びついた医療を提供する医療機関のスタッフとして、地域性が高い看護を実践していくために必要なものを現場経験の中でも学んでいきます。

一般病床に加えて療養病床が置かれているため高齢者を対象とした医療にかかわる機会も多く、関連した知識を深めることも可能です。

看護の基礎から専門的な部分までを自分のペースで追求したいということであれば、個々の患者さんと向き合って仕事をすることができることからもメリットが大きくなっています。

ただ専門性が高い先進治療といったことは行われていないため、そのあたりで看護を追求したいという場合には経験を積むことのできる機会が乏しいところもあります。

遠別町立国保病院の特徴

1951年に開設された町立病院であり、地域医療の柱になる医療機関として人々の健康を守ってきました。

診療科として内科のほか外科と小児科、そして婦人科が設けられていて一般診療をはじめとして地域に密着した医療を展開しています。

医師は2人、そのほかの職員を合わせても全部で30人あまりという規模ではあるもののさまざまな事業でも存在感を示しています。

介護現場では看護や介護の役割などについて調査研究にあたり、救急病院告示医療機関や小児慢性疾患医療指定医療機関などとしての指定もなされています。