東京都リハビリテーション病院の基本求人情報

病院名 東京都リハビリテーション病院
住所 東京都墨田区堤通2-14-1
病床数 165床
看護師数 93人
交通 東武伊勢崎線鐘ヶ淵駅から徒歩約7分、JR両国駅からバスに乗車し東京都リハビリテーション病院停留所で下車
車通勤 不可
カルテの種類 電子カルテ
給与 283,500円から
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 通勤手当、超過勤務手当、扶養手当、住居手当、調整額手当、地域手当、夜勤手当、夜間看護手当、初任給調整額手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時から午後11時45分、深夜勤午後11時から午前9時
二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時から午前9時
休日・休暇 年次有給休暇、夏季休暇(5日)、慶弔休暇、育児休暇(3年まで)、看護休暇(子どもが9歳になるまで)、介護休暇など
福利厚生 社会保険、制服の貸与、退職金制度(勤続1年以上)、育児短時間勤務制度(子どもの小学校入学まで)、祝い金など
看護師寮 あり(病院から徒歩3分に鉄筋コンクリートの1Kタイプで全部屋南向き、寮費10,800円)
託児所 なし

正規職員の採用

正規採用として、毎年定期的に若干名の正看護師と准看護師を採用しています。そのほか中途採用として、非常勤職員も募集しています。

非常勤職員の採用

応募にあたって経験、学歴などはまったく問われません。雇用期間については4ヶ月から1年の間で設定されますが、契約が更新される可能性もあります。

勤務時間帯は日勤専従や夜勤専従のほか、交替制で2交替制か3交替制といった働き方を選ぶことができます。時給は1,800円に手当が加算され、休暇などの待遇に関しては常勤職員と同様です。

東京都リハビリテーション病院の教育制度

専門病院として信頼される看護を提供するために、リハビリテーション看護を突き詰めていきます。考えることに加え見守ること、待つことというキーワードのもとでそれぞれ技術を高めることができるようにしています。

また、ナーシング・スキル日本版が2013年度から導入されていて動画やe-ラーニングなどで看護技術について確認し、身につけることができます。場所を問わず利用することができますからいつどこにいても学び、自己研鑽に励むことが可能です。

院外で行われる研修へ参加するという場合には参加費や出張費、旅費などの援助を受けることができます。将来的な資格の取得といったことについても、費用面を含めたサポートがあります。

東京都リハビリテーション病院の特徴

1982年から東京都が長期計画の中で整備を発案していた施設であり、1990年に開設されました。その後民間でリハビリテーション病院が開設されるなどといった環境の変化にも対応しながら、リハビリ医療の普及に努めてきています。

自動車運転の再開へ向けた家族教室

2011年から実施されていて、障害を持った上で社会復帰へ向かう第一歩として行われています。普通自動車免許は回復の目安ともなるものであり、脳に障害を負った場合であっても本人の希望と家族からの同意に加え医師の許可があれば問題ありません。

医療福祉相談室

ソーシャルワーカーが、対応しています。病院内の個室で入院や医療費、介護保険サービスの利用方法などといったさまざまな悩みを相談することができます。