愛南町国保一本松病院の基本求人情報

病院名 愛南町国保一本松病院
住所 愛媛県南宇和郡愛南町一本松5056番地
病床数 60床
看護師数 18人
交通 土佐くろしお鉄道宿毛駅からバスに乗車し一本松病院前停留所で下車して約15分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 180,500円から
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 夜勤看護手当、夜勤手当(1回につき4,500円)、地域手当、超過勤務手当、扶養手当、住宅手当、通勤手当、特殊業務手当(12,500円)など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時15分から深夜1時、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 4週8休制、年次休暇、病気休暇、結婚休暇、産前休暇、産後休暇、夏季休暇など
福利厚生 厚生労働省第二共済組合、育児短時間勤務、育児休業給付金、各種貸付制度など
看護師寮 あり
託児所 なし

欠員が発生した際や、定年を迎えるなどしてスタッフの退職したタイミングで採用試験を実施しています。定期的な募集が行われているわけではないため、常に情報へ気をつけていなければ難しいところもあります。

求人情報は町のホームページのほか、役所から発行されている広報誌などで確認をする方法があります。高齢者が多い地域であるということもあってゆとりを持ち、心の通った仕事をすることのできる人材が求められています。

愛南町国保一本松病院の教育制度

教育に関しては、こうでなければならないというように徹底的な管理が行われているということもありません。

綿密な教育プログラムが組まれているわけでもありませんから、入職してから研修などでしばられるといった風土ではないのです。

あらたに加わった仲間に対してはすべてのスタッフが技術や知識のほか人とのかかわり方、特に割合が高い高齢者と接するにあたって必要とされる姿勢などを学んでいきます。

ゆったりとゆとりを持ったスローペースの教育を受けることができますから、新人であっても厳しく仕事をやめたいといったように追い込まれることもありません。

愛南町国保一本松病院の特徴

1954年に開設され、漁業や農業を中心としている地元において唯一の医療機関として地域に根ざした医療を提供してきています。

運営にあたっては町民からの声もしっかり汲み上げていて、あくまでも患者さんを第一として身近なよりどころとなることができるよう取り組んでいます。

町民へ向けては自主的な健康管理を行うことができるようにして、また健康に対する意識も高めるために生活習慣病などへの対策をしています。

県立南宇和病院とも連携していて、急病や対応が難しい急性期疾患について受け入れを依頼する体制も整えられています。