横浜市立脳血管医療センターの基本求人情報

病院名 横浜市立脳血管医療センター
住所 神奈川県横浜市磯子区滝頭1-2-1
病床数 300床
看護師数 250人
交通 JR根岸駅から市営バスに乗車し脳卒中・神経脊椎センター停留所で下車してすぐ、JR磯子駅から市営バスに乗車し根岸橋停留所で下車して徒歩約8分、京浜急行南太田駅と市営地下鉄吉野町駅からは無料シャトルバスが運行
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 大卒272,900円、短大3年卒263,800円、短大2年卒255,700円
賞与 年2回(4.15ヶ月分)
手当 時間外勤務手当、住居手当、通勤手当、扶養手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時から午前9時30分
三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時15分から深夜1時、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 完全週休2日制、年次有給休暇(20日)、夏季休暇(5日)、結婚休暇、出産休暇、病気休暇、会議休暇、服忌休暇、子の看護休暇、骨髄提供休暇など
福利厚生 共済保険制度、公務災害補償制度、共済年金制度、白衣貸与、靴支給、退職金制度(勤続1年以上)など
看護師寮 あり(徒歩約3分の場所に独身者と単身者を対象として全室1Kで冷暖房完備)
託児所 あり(院内保育所で3歳までを対象として週2回の24時間保育と土曜日の昼間保育にも対応)

年間での採用計画

横浜市病院運営局が採用活動を担当していて、横浜市立市民病院と合わせて1年間でおよそ100人というスタッフが随時募集されています。

採用された場合の勤務先や採用月のタイミングについては、働く側の希望が尊重されることになります。

アルバイトスタッフの採用

日勤帯で勤務する常勤職員のほか、当直担当のアルバイトスタッフや夜勤専従者も必要に応じて募集されています。

日勤のアルバイト勤務であれば午前8時30分から午後5時の勤務時間で日数を相談することができ、時給は1,864円に設定されています。

当直では救急外来に配属されることとなり1週間につき1回から2回の勤務で勤務時間は午後4時45分から午前8時30分までとなっていて、日給で30,937円が支給されます。

横浜市立脳血管医療センターの教育制度

組織に属する1人のメンバーとしてチーム医療、ひいては病院の経営といったところまでも視野に入れて役割を果たすことができるようにしていきます。

さまざまな疾患に対応することができるだけの知識や技術を自分のものにした上で、すぐれた看護を提供しながら成長していく人材が育成されています。

臨床実践能力については純粋な看護サービスの実践力に加えてマネジメント力と人間関係力、教育研究力という4つの分類それぞれで段階に応じた到達目標が設定されています。

独自のプログラムが構築されていて一人一人のレベルに応じた教育が行われていて、入職から5年以上が経過すると卒後教育機関への進学制度も利用することが可能です。

横浜市立脳血管医療センターの特徴

脳卒中と神経疾患のほか脊椎脊髄疾患、リハビリテーションを専門としていて超急性期から回復リハビリテーションにまで幅広く対応しています。

中核病院として神経の難病といった変性疾患もカバーしていて、外科的治療はもちろん血栓溶解療法や血管内治療などといった先端をいく治療も提供されています。

社会復帰のために

入院になると平均でその1日半後という超急性期からリハビリテーションをスタートさせることによって、より早期の回復を可能にします。

また症状が現れてから即座に疾患を専門領域としている医師が担当していることで在宅復帰率は85%という高い数字になっていて、万が一の障害が残ったとしても在宅での暮らしにできるだけ支障が生じないような退院支援が行われています。