日本海総合病院の基本求人情報

病院名 地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構日本海総合病院
住所 山形県酒田市あきほ町30
病床数 646床
看護師数 598人
交通 JR酒田駅から車で約15分、バスに乗車し日本海病院停留所で下車
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給198,300円から
賞与 年2回
手当 扶養手当、住居手当、通勤手当、特殊勤務手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、期末手当、勤勉手当、業績手当、夜勤手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 年次有給休暇(20日)、夏季休暇(5日)、傷病休暇(90日まで)、結婚休暇(7日まで)、生理休暇、忌引休暇、産前産後休暇など
福利厚生 市町村職員共済、地方公務員災害補償基金など
看護師寮 あり(2LDKでバストイレ付、駐車場あり)
託児所 あり(24時間保育対応)

正規採用の状況

1年につき、数人単位での採用が行われています。定員に至らなかった場合や欠員が生じた場合には、追加募集もあります。

非正規採用の状況

臨時職員やパート勤務ということでも、募集は行われています。正看護師か准看護師の資格があれば応募可能であり、1年間の雇用契約となりますが更新される可能性もあります。

時給は1,154円から1,618円に設定されていて、持っている資格や経験に応じて幾分かの変動もあります。勤務時間は1週間あたり40時間となっていて日勤専従か三交替制の勤務となり、そのほか待遇については正規職員と変わらず寮や院内保育所も利用することができます。

日本海総合病院の教育制度

教育のベースはクリニカルラダー制にもとづいたものとなっていて、新人に始まりIからIVまでのレベルに分かれています。新人教育プログラムはプリセプターシップに沿ったものであり、先輩との2人1組という体制で指導が行われます。

1年間をかけての新人教育が終わった後で臨床実践能力を育てていくべく、将来的な目標へ向かうことのできる基礎力を身につけるためのレベル別教育プログラムが個人別につくられます。

ラダーレベルを終えた上で看護教員領域や管理領域、専門領域などといったように将来目標を具体化します。

日本海総合病院の特徴

庄内地方の懇談会で1979年に陳情があり、病院の計画案が作成されることとなりました。1993年に、オープンを迎えています。

地域連携クリティカルパス

患者さんからの納得を得た上で、2人の主治医が協力して診療にあたるというものです。厳密には、提携している地域の医療機関にもう1人の主治医がいるということになります。

主治医が地域連携について説明した上で連携する医療機関について相談し、連携コーディネート担当者が患者さんの状態を考えて退院後もしっかり情報をやりとりすることができるようにします。

連携病院の外来主治医とかかりつけ医はそれぞれ、双方の医療機関で患者さんが持参する「私のカルテ」の内容をもとに診察します。