くらて病院の基本求人情報

病院名 地方独立行政法人くらて病院
住所 福岡県鞍手郡鞍手町中山2425-9
病床数 222床
看護師数 71人
交通 福北ゆたか線鞍手駅からコミュニティバスに乗車し約5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 初任給4大卒219,800円、短大3年卒215,800円、短大卒211,800円
賞与 年2回
手当 通勤手当、住居手当、時間外勤務手当、期末・勤勉手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、夜勤午後4時30分から午前9時30分
休日・休暇 4週8休
福利厚生 社会保険など
看護師寮 なし
託児所 あり

年次募集

毎年度、数人単位の募集が定期的にあります。採用試験では、作文と面接が実施されています。

臨時職員の募集

応募の受け付けは随時行われていて正規職員のほか嘱託職員、臨時職員として勤務する外来夜勤専従のスタッフも募集されています。給与については日給制になっていて、入職した直後の夜間勤務は経験者と組んでの2人体制ということになります。

くらて病院の教育制度

ラダー制度による段階的な教育

キャリアの1年目では職場への適応が第一の目標となり看護技術研修が行われるほか電子カルテの操作なども学び、2年目になると看護記録や事故の防止などに関しても学んでいきます。そして3年目では、リーダーシップ研修を受けることが可能になります。

キャリアアップのための研修

ラダーIIということで専門性を高めることができよう、各自の目標に見合った研修が用意されています。

看護過程と看護診断をはじめとして看護研究や看護師指導者研修、介護福祉士指導者研修に加えて創傷・失禁看護などといったこまかな分野にわたる学習機会が備えられています。

また、看護管理者になるために専門の研修によって、学ぶことができます。看護管理者の役割、また看護サービスについて理解を深める内容が用意されています。

くらて病院の特徴

鞍手町国民健康保険鞍手町立病院として、1965年に発足しました。その後1984年に救急告知病院として指定を受けていて、2013年になって独立行政法人化しています。

医療は科学的な根拠にもとづき安全かつ質が高いものとなっていて、そのほかにも生活習慣病を予防するための健康教育や寝たきりの防止といったことに積極的な取り組みを見せています。ケアの地域拠点病院として役割を果たすことが、目標とされています。

病気を予防するだけでなく早期の発見から治療、アフターケアまでを包括的にカバーすべく力を尽くしており、二次救急病院、またケアミックス型の病院として機能しています。