せたな町立国保病院の基本求人情報

病院名 せたな町立国保病院
住所 北海道久遠郡せたな町北檜山区北檜山378
病床数 97床
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 初任給短大3卒188,900円、短大卒180,500円
賞与 年2回(3.95ヶ月分)
手当 期末手当、勤勉手当、寒冷地手当、通勤手当、扶養手当、超過勤務手当、夜間看護手当、夜間勤務手当、救急車同乗日当手当など
勤務時間 二交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、遅出午前10時から午後6時45分、夜勤午後4時30分から午前9時30分
休日・休暇 完全週休二日制、年次有給休暇、年末年始休暇(6日)、産前産後休暇、育児休暇、特別休暇など
福利厚生 町職員共済、公務員災害補償法、退職金制度、ユニフォーム貸与、賃貸住宅紹介業者紹介、赴任旅費手当、奨学金制度など
看護師寮 なし
託児所 なし

正規職員の募集

せたな町が、年度ごとで採用を実施しています。そのほかの職種で勤務する町職員とともに、公務員としての身分となります。

臨時職員の募集

採用された場合の諸条件については、せたな町臨時職員の服務規定と給与に関する条例にもとづいて決定されています。勤務時間は午前8時30分から午後5時15分までとなっていますが、希望すれば勤務時間の短縮や出勤日数の調整といった相談をすることも可能です。

せたな町立国保病院の教育制度

小さな町の医療機関ではあっても総合病院などといった大きな施設と遜色のない医療を提供することができるよう、それぞれの技術や知識のベースをしっかりしたものにすることで患者さんの安心感にもつなげています。

意識の改革から能力開発にまで注力することで、心身の不調をきたしたからといった人々が地元を離れるようなことがないようにしているのです。

職員全体として専門性を向上させ知識も深めていく目的で、定期的に院内研修が実施されています。それとともに、スタッフの間では詰所会議によっても看護の質を向上させるべく努めています。

せたな町立国保病院の特徴

北檜山町立国民健康保険直営診療所として、1955年に開設されました。そこからケアミックス病院へと体制を整えていき、一般診療のほか療養型診療にもあたっています。

町では高齢者が多く人口の減少に直面している中、生活していく上での安心が守られる環境を提供するために人々の健康を守っています。

地元に根づいている医療機関であるからこそ、信頼にもとづき利用する人たちの顔を誰でもわかっているような関係を築くことができるようコミュニケーションを重視しています。