宮城県立精神医療センターの基本求人情報

病院名 宮城県立精神医療センター
住所 宮城県名取市手倉田字山無番地
病床数 271床
看護師数 137人
交通 JR東北本線名取駅から徒歩約25分、JR名取駅から幹線路線バスに乗車し精神医療センター前停留所で下車して徒歩約1分、仙台南インターから車で約20分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ
給与 基本給大卒228,578円、3年卒222,894円、2年卒213,454円
賞与 年2回(合計約4.0ヶ月)
手当 住居手当、通勤手当、扶養手当、時間外勤務手当、夜間勤務手当,夜間看護等手当など
勤務時間 三交替制:日勤午前8時30分から午後5時15分、準夜勤午後4時30分から深夜1時15分、深夜勤深夜0時30分から午前9時15分
休日・休暇 4週8休、年次有給休暇(20日)、夏季休暇、結婚休暇、産前産後休暇、病気休暇、忌引休暇、ボランティア休暇、介護休業制度、育児休業制度など
福利厚生 社会保険、各種健康診断、宮城県職員互助会による助成、図書券などの支給、映画チケットの斡旋など
看護師寮 あり(循環器・呼吸器病センター敷地内と名取市内に独身者向けの職員寮)
託児所 あり(がんセンター敷地内に24時間体制の院内保育所)

正規職員の採用

地方独立行政法人宮城県立病院機構が、宮城県立の3病院について一括して担当しています。年に何回か、採用試験が行われています。

臨時職員の採用

正看護師と准看護師が、それぞれ募集されています。正看護師で日給が9,130円から、准看護師ですと7,230円からとなっています。

宮城県立精神医療センターの教育制度

2010年に導入されたクリニカルラダーが、ベースとなっています。新入職員に対してはプリセプターによるフォローがあり、1年間を通じてマンツーマンの体制となっています。

また、精神科認定看護師の養成に力を入れていて、業務のほか子育てなどプライベートの事情で忙しくてもe-ラーニングによって時間を問わずパソコンやスマートフォンなどから学ぶことのできる環境があります。

精神科医療や医療安全、感染防止などといった専門分野に秀でた講師から話を聞くことができ向上の助けとなっています。

さらに、2011年から東北大学大学院医学研究科と基本協定や連携講座に関して協定を結んでいます。専門の人材を育成する上でも、万全の体制ができあがっています。

宮城県立精神医療センターの特徴

医師のほか看護師や作業療法士とともに精神保健福祉士、臨床心理士といった多職種のチーム医療という体制で治療へ取り組んでいます。また地域とも連携していて、患者さんの地域生活をサポートしています。

2018年を目安として、新病院の建設準備が進められています。地域医療連携室も設置されていて、関係機関とも協力しつつあらたな病院の役割分担を明確にしていくべくプロジェクトが進められています。